高知県立高知南中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高知県立高知南中学校・高等学校
高知県立高知南中学校・高等学校.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 高知県の旗 高知県
校訓 進取
設立年月日 1987年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
国際科
学期 3学期制
高校コード 39137K
中学校コード 390174[1]
所在地 781-8010
高知県高知市桟橋通六丁目2番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
高知県立高知南中学校・高等学校の位置(高知県内)
高知県立高知南中学校・高等学校

高知県立高知南中学校・高等学校(こうちけんりつ こうちみなみちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、高知県高知市桟橋通六丁目に所在する県立中学校高等学校中高一貫校)。

概要[編集]

中高一貫教育が行われている。中学校から高等学校へ原則全員が進学し、高等学校へは毎年120名程度が外部の中学校から入学する。

「自由と規律」を教育目標に掲げており、学力の向上と人間性の涵養を教育の軸にしている。また、キャリア教育や外国語教育に力を入れており、SELHi認定校である。

高等学校では普通科、国際科ともに第2外国語として中国語、または韓国語を学ぶことが出来る。

中学校の生徒は、希望の学科を選んで高等学校へ進学する。ただし、国際科は20名までとなっている。

中学校の入学試験[編集]

適性検査と作文(400字前後)、面接を実施する。

  • 定員60名。倍率は毎年2倍以上で、高知県内の県立中学校で最も倍率が高い。
  • これまでに出題された問題や作文テーマなどは、高知県庁ホームページ - 高等学校課で公開されている。

高等学校の設置学科[編集]

普通科は、2年次から人文I類、人文II類、科学のいずれかのコースに分かれる。

  • 普通科: 定員200名、うち外部からの募集定員100名
    • I類: 文系大学への進学を目的とする。
    • II類: 大学のほか、専門学校や公務員など多様な進路を目的とする。
    • III類: 理系国公立大学への進学を目的とする。
  • 国際関係に関する学科
    • 国際科: 定員40名、うち外部からの募集定員20名
      語学・文系大学への進学を目的とする。

卒業後の進路[編集]

毎年四年制大学へ80名前後が進学しており、うち国公立大学へ25名程度が進学している。国公立大学進学者の半数以上は内部生である。

その他に、短期大学や専門学校、また少数だが就職を選択する生徒もいる。

沿革[編集]

  • 1987年(昭和62年) - 開校。
  • 2002年(平成14年) - 中学校併設。

アクセス[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高知県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 教育開発出版株式会社. 2018年12月13日閲覧。