高知赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 高知赤十字病院
高知赤十字病院
情報
正式名称 高知赤十字病院
英語名称 Japanese Red Cross Kochi Hospital
前身 日本赤十字社 高知県支部療院
標榜診療科 内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
血液内科
外科
整形外科
形成外科
脳神経外科
呼吸器外科
心臓血管外科
消化器外科
乳腺内分泌外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
心療内科
精神科
リウマチ科
リハビリテーション科
放射線科
麻酔科
病理診断科
脳神経内科
糖尿病・腎臓内科
小児科
眼科
耳鼻いんこう科
許可病床数

402床


一般病床:402床
機能評価 機能評価別版評価項目3rdG:Ver.1.1
開設者 日本赤十字社高知県支部
管理者 浜口伸正(院長)
開設年月日 1928年昭和3年)8月
所在地
780-8562(専用)
高知県高知市秦南町一丁目4番63-11号
位置 北緯33度34分10秒 東経133度32分46秒 / 北緯33.56944度 東経133.54611度 / 33.56944; 133.54611 (高知赤十字病院)座標: 北緯33度34分10秒 東経133度32分46秒 / 北緯33.56944度 東経133.54611度 / 33.56944; 133.54611 (高知赤十字病院)
二次医療圏 中央
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

高知赤十字病院(こうちせきじゅうじびょういん)は、高知県高知市にある医療機関である。日本赤十字社高知県支部設置の病院である。

旧称は、日本赤十字社高知県支部療院(にほん/にっぽん せきじゅうじしゃこうちけんしぶりょういん)。

地域医療支援病院の承認を受ける他、地域がん診療連携拠点病院災害拠点病院(地域災害医療センター)などの指定を受ける。

ドクターカーを1994年(平成6年)10月から運用。現在は、ICU病床を30床備える。

沿革[編集]

新築移転前の旧・高知赤十字病院
(高知市新本町二丁目13番51号)

医療機関の指定等[編集]

診療科[編集]

内科系診療科[編集]

  • 内科
  • 消化器内科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病・腎臓内科
  • 脳神経内科
  • 血液内科
  • 心療内科

外科系診療科[編集]

その他診療科[編集]

診療協働部門
  • 看護部
  • 検査部
  • 薬剤部
  • リハビリテーション科部
  • 医療社会事業部
  • 栄養課
  • 救命救急センター

移転・病棟新築[編集]

2013年(平成25年)8月26日の「高知県・高知市連携会議」での尾﨑正直高知県知事(日本赤十字社高知県支部長兼任)と岡﨑誠也高知市長の会談により、「高知赤十字病院を旧・シキボウ高知工場跡地(高知市所有)に移転する方向で検討すること」が決定された。[4]

移転スケジュールとしては、2014年(平成26年)6月を目途に基本構想及び基本計画を策定し、その後、施設の基本設計、実施設計を行い、2017年(平成29年)4月に新病院建設に着工、2019年度(平成31年度・令和元年度)に新病院開院とする予定となった。

移転地の隣接地には高知市北消防署があり、救急出動の際には救命救急センターの医師が救急車に同乗するなど、迅速かつ適切な救命活動を実施することで救命率の向上を図った。さらに、北消防署には訓練施設(救急車のカットモデルや研修室)が整備され、その施設と病院の救急機能を活用しながら、高知市はもとより県全体の救急隊の効率的かつ効果的な実習研修をこれまで以上に行うことにより、良質な救急医療を提供し県全体の救急医療の充実を図る。併せて、新たに整備するヘリポートを活用して、中央医療圏にとどまらず、安芸・高幡医療圏に迅速な救急医療を提供し、地域全体の安心・安全を守る施設としてさらなる救急医療の充実を図っていく。[5]

交通アクセス[編集]

  • JR四国土讃線高知駅下車、北口またはとさでん交通桟橋線高知駅前停留場下車、徒歩約20分。
  • 高知駅からとさでん交通「比島経由イオンモール高知行き」または「イオンモール高知経由一宮バスターミナル行き」で高知日赤バス停下車。
  • 堺町バス停から上記の他とさでん交通「愛宕経由イオンモール高知行き」または「愛宕・イオンモール高知・みづき坂経由宇津野行き」で高知日赤バス停下車。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]