高砂橋 (中川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道468号標識
高砂橋
高砂橋 from 高砂橋一丁目.jpeg
高砂橋(2017年11月)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都葛飾区
交差物件 中川
建設 2003年3月[1]
座標 北緯35度44分55.7秒 東経139度51分44.5秒 / 北緯35.748806度 東経139.862361度 / 35.748806; 139.862361
構造諸元
形式 2径間達続斜張橋 [1]
材料
全長 186.5 m[1]
15.8 m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

高砂橋(たかさごばし)は、中川に架かる東京都都市計画道路 補助280号のである。2007年までは東京都道468号堀切橋金町浄水場線のであった。現在の橋は2003年竣工の2代目であり、右岸 (西詰) の東京都葛飾区青戸二丁目と左岸 (東詰) の高砂二丁目の間を結んでいる[1]

歴史[編集]

架橋以前[編集]

江戸時代から明治時代にかけて現在の高砂橋付近には「曲金の渡し」と呼ばれる中川の渡船があり、江戸市中の人々が柴又帝釈天への参詣路として利用していた[2][3]。この「曲金の渡し」は享保14年(1729年)に開設、宝暦8年(1758年)に場所替えをするなどしながらながく利用されていた[4]

1932年の橋[編集]

1928年 (昭和3年) の東京府の産業道路改良費の一部(橋梁費)によって当時の府県道28号(浅草松戸線)に架橋された。橋は1932年 (昭和7年) 7月開通、橋長187.3 m、幅員7.5 mで、上部構造は鋼鈑単純プレートガーダー橋であった。[5][3]また、1972年頃に下流側に人道橋が架設されている。

2003年の橋[編集]

架け替え工事は1993年(平成5年)に着手、2003年(平成15年)3月に開通した[1]。架け替え中、人道橋のあった位置に一時的に架設された仮設橋はその後、横浜市鶴見川に架かる「潮見橋」の仮設橋に転用された[6]

周辺[編集]

隣の橋[編集]

(上流) - 中川大橋 - 京成本線中川橋梁 - 高砂橋 - 青砥橋 - 奥戸橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 葛飾区教育委員会 『かつしかの橋 葛飾区橋梁調査報告書』、1989年

座標: 北緯35度44分55.7秒 東経139度51分44.5秒 / 北緯35.748806度 東経139.862361度 / 35.748806; 139.862361