高砂正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高砂 正弘(たかさご まさひろ、1956年12月[1] - )は、日本の建築家。「森の展望台・トイレ」や「中谷町の家」などの作品で知られる。高砂建築事務所代表。和歌山大学システム工学部環境システム学科教授大阪府生まれ。[2][3]

経歴[編集]

1979年 大阪工業大学工学部建築学科卒業。1986年 早稲田大学大学院工学研究科建設工学専攻修了工学博士大阪工業大学)。専門は、建築設計環境デザイン・設計手法。 1979年 瀧光夫建築・都市設計事務所に勤務。1990年 高砂建築事務所設立[4]。1991年 大阪工業大学非常勤講師、2003年 関西大学非常勤講師を経て、2011年 和歌山大学システム工学部教授。 主な所属団体は、日本建築学会日本建築士連合会日本建築家協会など。

受賞[編集]

代表作品[編集]

  • 高槻市出灰集会所[5] - 1994年大阪建築コンクール渡辺節賞、1995年日本建築士連合会賞、
  • 森の展望台・トイレ[5] - 2002年日本建築家協会新人賞[6]
  • 東本町の家[5]
  • 中谷町の家[7]

論文[編集]

  • グリッドシステムについて バルセロナ・パヴィリオンの空間構成の方法 日本建築学会近畿支部研究報告集 /44, 1157-1164 2004
  • 後期案のグリッドシステムについて バルセロナ・パヴィリオンの空間構成の方法 日本建築学会近畿支部研究報告集 45, 2005
  • バルセロナ・パヴィリオンの平面にみられるグリッドシステムについて 日本建築学会計画系論文集, 2005

出典・脚注[編集]

  1. ^ J-GLOBAL - 高砂正弘”. 科学技術振興機構. 2011年7月9日閲覧。
  2. ^ http://takasago.jp/professor.html
  3. ^ http://wakarid.center.wakayama-u.ac.jp/ProfileRefMain_2248.html#tl
  4. ^ プロフィール”. 高砂 正弘. 2011年7月9日閲覧。
  5. ^ a b c 登録建築家詳細 高砂正弘”. 日本建築家協会. 2011年7月9日閲覧。
  6. ^ 2002年度JIA新人賞 選考作品: 森の展望台・トイレ”. 日本建築家協会. 2011年7月9日閲覧。
  7. ^ こだわりのデザイナーズ住宅 Housing File 122 中谷町の家”. 日本経済新聞社. 2011年7月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日本現代の建築vol.2 - ART BOX インターナショナル、2006