高興 (百済)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高興
各種表記
ハングル 고흥
漢字 高興
発音: コ フン
日本語読み: こう こう
文化観光部2000年式
マッキューン=ライシャワー式
Go Heung
Ko Hŭng
テンプレートを表示

高興(こうこう、: 고흥; コフン、生没年不詳)は、百済中期の博士である[1]375年近仇首王1年)に博士になった[1][2]。彼は百済開国以来、初めての博士であった[1]。高興が初めて文字で書類を記録する術を知って歴史を書き記し始め[1]、百済で最初に歴史書『書記』を書いたが、今は伝わらない[1][2]。彼はまた医薬亀甲による観相術陰陽五行術も能くしたという[2][1]

『書記』以外の百済の史書『百済記朝鮮語版』・『百済新撰朝鮮語版』・『百済本記朝鮮語版』なども作ったというが、今は伝わらない[1]

生涯[編集]

出生に関しては分からない[3]。ただし、高氏という中国系姓氏を持ったことから推し量って、百済に帰化した中国人と見る見解もあり、土着人として、漢化して高氏を称するようになったものと見る見解もある[3]

百済の博士として『書記』を編纂したが、『三国史記』には『古記』を引用して、「百済は開国以来いまだ文字として事実を記録することがなかったが、ここに至って博士 高興を得て初めて『書記』を持つようになった」と記録されている[3][4]

これから推し量って見て、高興が編纂した『書記』は百済最初の歴史書だったということができる[3]。高興が『書記』を編纂した時期は近肖古王の時だった[3]。このとき、百済は王位継承が肖古王系中心で安定し、また南北への征服的な膨張活動を展開して領域の拡大と王権の確立を見て、中央集権的統治体制が完備された時期だった[3]

したがって、これと同じ時代的状況と雰囲気の中で、高興が編纂した『書記』は王権を合理化し、王室の系譜を文字で記録し、これを神聖化しつつ、また、百済に服属された数々の部族の神話と伝説を王室中心に統合・整理したものと見られる[3]

高興が登場した作品[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 李弘稙」『增補 새國史事典 (ENCYCLOPEDIA OF KOREAN HISTORY [증보] 새 국사사전)敎學社ソウル、1996年(原著1983年)、増補1版12刷、113頁(朝鮮語)。ISBN 8909005068。
  2. ^ a b c Wikisource reference  グローバル世界大百科事典「三国時代の文学の特性」. - ウィキソース. 
  3. ^ a b c d e f g 盧重国(노중국(盧重國); ノ・チュング (1996年). “고흥(高興)” [高興] (朝鮮語). 韓国民族文化大百科事典. 韓国学中央研究院. 2019年3月12日閲覧。
  4. ^ 三国史記Wikisource reference 金富軾. 「百済本紀」近肖古王三十年条. - ウィキソース. "三十年 〔略〕冬十一月 王薨。古記云 百濟開國已來 未有以文字記事 至是得博士高興 始有書記 然高興未嘗顯於他書 不知其何許人也。
    (近肖古王)三十年 〔略〕冬十一月 王薨ず。古記に云う、百済開国已来、未だ文字を以て事を記する有らず、是(ここ)に至って博士 高興を得、始めて書記あり、然るに高興 未だ嘗て他書に顕(あらわ)れず、その何許(いずこ)の人かを知らざるなり、と。
    『(近肖古王の)30年〔略〕冬11月、王が薨じた。『古記』には「百済は開国以来、文字で事件を書き記すということが今までなかった。この(近肖古王の)時になって博士 高興を得て、初めて書記があった。しかし、高興は今まで決して他の書物に現れたことがなく、どこの人かも分からないのである。」という。』"
     

参考文献[編集]

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。