高良彩花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高良 彩花 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム こうら あやか
ラテン文字 KOHRA, Ayaka
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 走幅跳
所属 筑波大学
生年月日 (2001-03-22) 2001年3月22日(18歳)
出身地 日本の旗 日本
兵庫県西宮市
居住地 兵庫県
身長 157㎝(2017年現在)
体重 41㎏(2016年現在)
走幅跳 6m44㎝
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高良 彩花(こうら あやか、2001年3月22日[1] - )は、日本陸上競技選手。専門は走幅跳

人物[編集]

兵庫県西宮市出身。父親は陸上競技指導者であり、小さい頃から陸上競技は身近なものだったという。彩花本人は小学校4年のときに、面白半分に出場した西宮市小学生陸上競技大会の女子走幅跳で優勝したことで陸上に目覚め、すぐに朝原宣治が代表を務めるNOBY T&F CLUBに入門、小学校5年から本格的に陸上競技を始めた[2]

西宮市立西宮浜中学校に入学すると更に練習を重ね、中学3年次の第67回兵庫県中学総合体育大会にて県中学校記録並びに中学歴代6位となる6m12㎝を跳んで優勝した[2][3]

経歴[編集]

2010年[編集]

NOBY T&F CLUBにて荒川大輔選手の元練習に励む

2015年[編集]

夏の全日本中学校陸上競技選手権大会に出場し優勝。

2016年[編集]

園田学園高等学校に入学し、1年次の平成28年度全国高等学校総合体育大会女子走幅跳にて決勝3回目で6m00を跳んで優勝した[4]

2017年[編集]

高校2年生で出場した第101回日本陸上競技選手権大会大阪府長居陸上競技場)女子走幅跳では桝見咲智子ら強豪を相手に2本目で6m14をマークして大会初優勝を飾る[5]。高校生による日本選手権優勝は1994年の花岡麻帆(当時・成田高等学校)以来、23年ぶりとなる壮挙であり[6]、彩花本人も「信じられない」という程の優勝であった[2]。そして同年の平成29年度全国高等学校総合体育大会女子走幅跳では5本目で6m17をマークして大会2連覇を飾った[7]

2018年[編集]

高校3年になると第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会岐阜県岐阜メモリアルセンター長良川競技場)で日本代表として出場し、女子走幅跳で6m44㎝をマーク、中野瞳(当時・兵庫県立長田高等学校)が2007年6月に出した高校日本記録に肩を並べる記録で金メダルを獲得した[8]。その勢いを駆って出場した第102回日本陸上競技選手権大会山口県維新百年記念公園陸上競技場)女子走幅跳では6m22をマークして大会2連覇を達成[9][10]、高校生としては1967年・1968年の山下博子(当時・福岡県立三潴高等学校)以来となる連覇となった[10]

記録[編集]

走幅跳-6m44㎝(+0.8m)日本歴代11位、U‐20日本歴代1位タイ、高校歴代1位タイ

戦績[編集]

2015年8月 全日本中学校陸上競技選手権大会 優勝
2016年8月 韓・中ジュニア交流競技会2016 優勝
2016年10月 いわて国体陸上 3位
2017年6月 陸上日本選手権 優勝
2017年7月 全国高校総体 優勝
2017年8月 韓・中ジュニア競技会2017 優勝
2017年10月 えひめ国体陸上 優勝
2018年6月 アジアジュニア陸上競技選手権大会 優勝
2018年6月 陸上日本選手権 優勝
2018年7月 世界ジュニア陸上競技選手権大会 2位
2018年8月 全国高校総体 優勝

脚注[編集]