高蔵寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高蔵寺駅
Kōzōji Station.JPG
南口
こうぞうじ
Kōzōji
愛知県春日井市高蔵寺町三丁目654-1
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
愛知環状鉄道(愛環)
電報略号 コソ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
(JR東海)20,403人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
(愛環)11,129人/日
-2019年-
開業年月日 1900年明治33年)7月25日
乗入路線 2 路線
所属路線 CF 中央本線名古屋地区
駅番号 CF  09 
キロ程 372.9 km(東京起点)
名古屋から24.0 km
CF10 定光寺 (4.1 km)
(3.2 km) CF08 神領
所属路線 愛知環状鉄道線
駅番号 23
キロ程 45.3 km(岡崎起点)
22 中水野 (3.4 km)
備考 共同使用駅(JR東海の管轄駅)
駅長配置駅管理駅
JR全線きっぷうりば
テンプレートを表示
南口入口
改札口

高蔵寺駅(こうぞうじえき)は、愛知県春日井市高蔵寺町三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・愛知環状鉄道(愛環)のである。両社が構内を共用する共同使用駅であり、JR東海が駅を管轄している。

JR東海の中央本線と、愛知環状鉄道の愛知環状鉄道線(愛環線)との接続駅となっている。愛環線は当駅が終点であるが、 一部の列車が瀬戸口駅より中央本線経由で名古屋駅方面へ、また名古屋駅より高蔵寺駅経由で瀬戸口駅まで直通する。中央本線にはCF09、愛環線には23駅番号が設定されている。

JRの運行形態の詳細は「中央線 (名古屋地区)」を参照。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム3面5線を有する。3番線は1987年の国鉄分割民営化直後に設置された[注釈 1]。また、愛知環状鉄道の列車は1番線にのみ入線可能であった。愛知万博開催に際し、会場への連絡列車である「エキスポシャトル」の愛環線直通に合わせ、駅の中津川寄りで中央本線と愛環線の立体交差化工事が施工された(5・6番線が一旦合流後、中央本線から愛環線が分岐)。なお、3番線の島式反対側に当たる部分には以前は線路が敷設されていたが、現在は敷設されておらず、4番線は存在しない。ちなみに、本線分岐器直線側の線路)は名古屋方面が2番線、多治見方面が6番線である。

ホームへのエスカレータは上下とも設置されている。

駅長駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、神領駅定光寺駅を管理している。

愛知環状鉄道線の乗車券は2021年3月2日まで専用の券売機で販売していたが、同日限りで撤去され、3月3日よりJR東海の券売機を共用するようになった。

夜間滞泊は設定されていない。

構内の商業施設として、改札外の地下道などに名古屋ステーション開発が運営する「ASTY高蔵寺」と総称する店舗群があり、春日井市が設置する「アスティ高蔵寺市民コーナー市民ギャラリー」のほか、コンビニエンスストアベルマート」および飲食店・ドラッグストア書店など10店舗が入居している[6][7]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 愛知環状鉄道線 - 瀬戸市新豊田方面 中央本線からの直通列車は5・6番線
2・3 CF 中央本線 上り 名古屋方面[注釈 2] 愛環線からの直通列車は1番線
一部の当駅始発は5番線
5・6 下り 多治見中津川方面[注釈 2]  

特急の通過待ちや快速の待ち合わせがある場合、上りは3番線または5番線、下りは5番線に入る。名古屋方面への折返し列車は、3番線または5番線で折り返す。また、愛知環状鉄道線の列車は通常1番線からの発車であるが、中央本線から直通してくる列車は、中央本線下りホーム(5・6番線)からの発車となる。逆に愛知環状鉄道線から中央本線名古屋方面へ直通してくる列車は、1番線から発車する。

利用状況[編集]

年度別乗車人員(春日井市統計書より)
年度 JR東海 愛知環状鉄道
乗車人員 乗降人員 乗車人員
2003年(平成15年) 21,555 3,100
2004年(平成16年) 21,619 3,682
2005年(平成17年) 28,780 3,837
2006年(平成18年) 21,800 4,048
2007年(平成19年) 21,191 4,337
2008年(平成20年) 21,331 9,169
2009年(平成21年) 20,618 9,194
2010年(平成22年) 20,471 9,659
2011年(平成23年) 20,290 10,101
2012年(平成24年) 20,184 10,254
2013年(平成25年) 20,394 10,501
2014年(平成26年) 19,950 10,073
2015年(平成27年) 20,090 10,414
2016年(平成28年) 20,072 10,620
2017年(平成29年) 20,256 10,872
2018年(平成30年) 20,456 11,105

2005年は愛知万博の開催年である。

大規模住宅地の最寄り駅として、春日井市では最多の利用者数の駅である。またJR東海管内の中央本線・名古屋市内各駅以外でも最多の乗車人員を誇る。

駅周辺[編集]

南側に商店街が広がる。北側は商店が点在するものの、高蔵寺ニュータウンが隣接しているため商店街などは形成されていない。

当駅は春日井市に位置するが南にある新東谷橋を渡り2、3kmほど進むと名古屋市守山区や瀬戸市に入り、これらの市からも利用圏内となる。

北口[編集]

南口[編集]

バス路線[編集]

北口バスターミナル

北口[編集]

一般路線バス(名鉄バス

改札口と北口は地下道で結ばれており、4、5番乗り場からはエレベーターが利用できる。

北口名鉄バス乗り場一覧表
乗り場
1 高蔵寺ニュータウン線
【90】藤山台南 - 藤山台東 - 高蔵寺駅
2 高蔵寺ニュータウン線
【70】藤山台南 - 岩成台西 - 高蔵寺駅
3 高蔵寺ニュータウン線
【71】県医療療育総合センター - 上野北 - 白山橋 - 高蔵寺駅
【72】内々神社 - 上野北 - 白山橋 - 高蔵寺駅
【91】県医療療育総合センター - 坂下5丁目 - 藤山台東 - 高蔵寺駅
桃花台線
【73】桃花台センター - 上野北 - 白山橋 - 高蔵寺駅
4 高蔵寺ニュータウン線
【81】高森台北 - 高森台西 - 中央台 - 高蔵寺駅
【82】植物園 - 高森台西 - 中央台 - 高蔵寺駅
【84】かみや団地口 - 坂下5丁目 - 中央台 - 高蔵寺駅
【85】福祉の里 - 坂下5丁目 - 中央台 - 高蔵寺駅
【86】福祉の里 - 明智工業団地 - 坂下5丁目 - 中央台 - 高蔵寺駅
桃花台線
【83】桃花台センター - 春日台 - 坂下5丁目 - 中央台 - 高蔵寺駅
5 高蔵寺ニュータウン線
【80】高蔵寺駅 - 石尾台 - 中央台 - 高蔵寺駅(石尾台北止まりあり)
【75】石尾台南 - 中央台 - 高蔵寺駅(深夜バス)
8 春日井線
【95】中部大学 - 出川 - 高蔵寺駅

なお、北口バスターミナル内には名鉄バス高蔵寺インフォメーションが設置されており、名鉄バスの定期券やmanacaの発売を行なっている。

南口[編集]

ゆとりーとライン(名古屋市交通局)
一般路線バス(名鉄バス)
  • 玉野台循環線
    • 【99】高蔵寺駅 - 玉野台 - 押沢台5丁目 - 高蔵寺駅(木附西止まりあり)
一般路線バス(名古屋市交通局)
かすがいシティバス「はあとふるライナー」
  • 東環状線
    • 高蔵寺駅 - 藤山台南 - 中央台 - 坂下5丁目 - 福祉の里(一部便のみ) - 春日井市民病院 - 春日井駅 - 神領駅 - 高蔵寺駅(南口のりばより移転、一部路線改定)

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CF 中央本線
快速
多治見駅 (CF12) - 高蔵寺駅 (CF09) - 春日井駅 (CF07)
普通
定光寺駅 (CF10) - 高蔵寺駅 (CF09) - 神領駅 (CF08)
愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
中水野駅 (22) - 高蔵寺駅 (23) (- 神領駅)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年撮影の空中写真 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院)。1987年当時、3番線は敷設されていない。
  2. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

出典[編集]

  1. ^ a b 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 5号、23頁
  2. ^ 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 5号、27頁
  3. ^ “「アスティ高蔵寺」が開業”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1988年5月3日) 
  4. ^ a b 『愛知環状鉄道の30年』年表、愛知環状鉄道株式会社、2019年
  5. ^ “「TOICA」乗車券のサービス開始日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 愛知環状鉄道, (2018年12月12日), オリジナルの2019年6月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190602072328/http://www.aikanrailway.co.jp/pdf/PressRelease30_128.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  6. ^ アスティ高蔵寺市民コーナー市民ギャラリー - 春日井市(2012年10月1日更新、2013年3月11日閲覧)
  7. ^ ASTY高蔵寺 - 名古屋ステーション開発(2013年3月29日閲覧)
  8. ^ 警察署・交番・駐在所の所在地 - 愛知県警察”. www.pref.aichi.jp. 2020年12月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)「中央本線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第5号、朝日新聞出版、2009年8月9日。

関連項目[編集]