高西新田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 千葉県 > 印西市 > 高西新田
高西新田
—  大字  —
高西新田の位置(千葉県内)
高西新田
高西新田
高西新田の位置
座標: 北緯35度48分55.5秒 東経140度5分35.9秒 / 北緯35.815417度 東経140.093306度 / 35.815417; 140.093306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Inzai, Chiba.svg 印西市
地区 永治地区
標高 18m (59ft)
人口 (2017年(平成29年)10月31日現在)[1]
 - 計 39人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 270-1365[2]
市外局番 0476[3]
ナンバープレート 習志野
※座標・標高は阿夫利神社付近

高西新田(こうさいしんでん)は、千葉県印西市大字郵便番号270-1365[2]

地理[編集]

北は浦部、東は白幡、南東は浦幡新田、南から西まで白井市十余一に隣接している。

歴史[編集]

江戸期は高西新田であり、下総国印旛郡のうち。印西領・印西筋に属する。幕府は元文・寛保期に流作場や原地の開発政策を推進した。浦辺村と白幡村は共同ですでに享保年間に印西牧の一部に浦幡新田を開発したが、再びここに共同で持添新田として当新田を開発。山林原野を中心としており、町人請負の話もあったが、草刈場や薪炭用雑木の確保の上から共同で請負い、明和5年の新田検地により高請された。幕府領。村高は、「天保郷帳」「旧高旧領」ともに70石余。明治6年千葉県の所属。神社は阿夫利神社(印旛郡誌)。明治22年永治村の大字となる[4]

年表[編集]

  • 1873年(明治6年) - 千葉県に所属。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 永治村大字高西新田となる。
    • 町村制施行し、浦部村、小倉村、和泉村、白幡村、浦幡新田、浦部村新田、高西新田、平塚村が合併し印旛郡永治村が発足。
  • 1954年(昭和29年)12月1日 - 印西町高西新田となる。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 印西市高西新田になる。
    • 印西町が市制施行し、印西市になる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
高西新田 30世帯 39人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 印西市立木刈小学校 印西市立木刈中学校

施設[編集]

  • 阿夫利神社

交通[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 印西市の人口と世帯数”. 印西市 (2017年11月2日). 2017年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月13日閲覧。
  4. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201 352頁
  5. ^ 印西市立小・中学校の通学区域”. 印西市 (2017年4月4日). 2017年11月13日閲覧。