高見英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高見 英一(たかみ えいいち、1930年3月18日- )は、スペイン文学者、法政大学名誉教授。

大阪市生まれ。1954年東京外国語大学スペイン語科卒。1957年同志社大学講師、1963年法政大学教養部講師、助教授、第一教養部教授。2001年定年退任、名誉教授。

翻訳[編集]

  • すばらしい獲物(アラルコン) 特赦(パルド・バサン)『世界文学大系 第93 (近代小説集 第3)』筑摩書房 1965
  • 虐げられし人々(アスエラ)『全集・現代世界文学の発見 第9』学芸書林 1970
  • ウナムーノ著作集 4 (虚構と現実)』「霧」法政大学出版局 1974
  • ジャック・ジョゼ『ラテンアメリカ文学史』鼓直共訳 白水社文庫クセジュ 1975
  • エルネスト・サバト『トンネル』国書刊行会 ラテンアメリカ文学叢書 1977
  • ガブリエル・ガルシア=マルケス『落葉 短編集』新潮社 1980
  • G.ガルシア=マルケス『悪い時』新潮社 1982
  • ジョルジェ・アマード『ツバメとトラネコ ある愛の物語』新潮社 1983
  • アドルフォ・ビオイ=カサーレス『日向で眠れ・豚の戦記』荻内勝之共訳 集英社 ラテンアメリカの文学 1983
  • マリオ・バルガス=リョサ『パンタレオン大尉と女たち』新潮社 1986
  • ホルヘ・エドワーズ「痩せるための規定食」『集英社ギャラリー「世界の文学」 19 (ラテンアメリカ)』集英社 1990

論文[編集]

[編集]