高規格堤防

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上:従来型の堤防
下:スーパー堤防
スーパー堤防は高さに対して堤体の幅が約30倍である。堤防沿いの建物などを移転させてから盛土(図では赤い部分)を施し、整地後に改めて建物を建築する。

高規格堤防(こうきかくていぼう)は、河川堤防の高さに対して堤体の幅を長くしなだらかに堤防を整備する事業。スーパー堤防とも称される。国の事業と東京都事業に分かれる。

概要[編集]

スーパー堤防発祥の地の碑と事業説明板(千葉県栄町矢口スーパー堤防内)

越水しても崩壊し決壊しないよう、裏法面を3%以内の緩やかな勾配としたものを高規格堤防という[1]。堤防高を越えても緩やかに流下するため被害を最小限に抑える効果がある。1987年に建設省(現国土交通省)が事業として始め、利根川江戸川荒川多摩川淀川大和川の5水系6河川区間約873kmの整備を対象とした[2]。第一号として利根川沿いの千葉県栄町矢口が完成した。その後事業見直しが行われ、河川下流部の120㎞の整備に変更された。荒川下流部、多摩川下流部、江戸川下流部、淀川下流部、大和川下流部のみの整備となった。なお、利根川江戸川部分のかつて整備範囲だった堤防では首都圏氾濫区域堤防強化対策として通常堤防の強化が工事が続けられている。荒川中流部ではさいたま築堤が行われている。

沿革[編集]

実施地区[編集]

江戸川
  • 篠崎公園地区
    • 2016年(平成28年)~から実施。公園整備工事と一体化して行われている。2026年(令和8年)完成予定。
  • 北小岩地区
    • 市街地において土地区画整理事業方式で嵩上げ。2013年(平成25年)から事業開始。
  • 東金町(水元公園)地区
  • 柴又公園地区
  • 市川三丁目地区
  • 下矢切・柳原地区
    • 江戸川浄水場施設等整備事業と同時に整備。
  • 妙典地区
    • 水田などを妙典土地区画整理事業により嵩上げし宅地化。1992年(平成4年)から1998年(平成10年)まで実施された。
  • 市川南地区
    • 市川毛織市川工場跡地に整備。市川パークタウンが建つ。
  • 高谷地区
    • 市川市クリーンセンターの建替え事業と同時に整備。2024年(令和6年)完成予定。
荒川
  • 川口地区
    • 1992年(平成4年)より舟戸町で行われており、小学校や寺院、自動車教習所が高台移転する。
  • 舟渡地区
  • 浮間地区
  • 北赤羽地区
    • 浮間地区荒川防災ステーション
  • 新田一丁目地区
    • 団地建替え事業と共に整備。2015年(平成27年)から2028年(令和10年)の工事期間[注釈 1]
  • 新田地区
    • 工場跡地に1990年(平成2年)から2011年(平成23年)にかけて整備。
  • 小台一丁目地区
  • 小松川地区
    • 1990年(平成2年)から2015年(平成27年)にかけて整備、土地区画整理事業など一体で整備。
  • 平井地区
  • 平井七丁目地区
    • 住宅地を撤去し、土地区画整理事業と一体で整備。2004年(平成16年)完成。
利根川
  • 矢口地区
    • 第一号完成地区。工業団地として整備された。
多摩川
  • 戸手地区
    • 2010年(平成22年)に完成。アクアリーナ川崎などの高層マンションなどが建った。
  • 下丸子地区
    • 工場跡地に2004年(平成16年)に完成。ザ リバープレイス、東京サーハウスなどの大規模マンションを建設した。
  • 矢野口地区
    • 稲城市の稲城矢野口駅周辺土地区画整理事業により北部が嵩上げ、市街地整備が行われている。1993年(平成5年)より事業開始。堤防は1999年(平成11年)から整備が始まり2006年(平成18年)に一部完成。
  • 港町地区
    • 工場跡地に開発事業、リヴァリエと合同で整備された。2008年(平成20年)から2010年(平成22年)に整備。
  • 殿町第一地区
淀川
  • 酉島地区
  • 生江地区
大和川
  • 阪高大和川線地区

東京都では隅田川中川、旧江戸川、新中川、綾瀬川でも高規格堤防整備を行っている。国の事業とは異なり、堤防の幅は最大50mに抑えられている。国の事業開始より2年前の1985年(昭和60年)度より行われている。

汐入公園付近の隅田川
隅田川
とくに隅田川テラスと呼ばれている。カミソリ堤防から転換が進められた。一部に高規格堤防もある。
  • 豊島五・六丁目地区
    • 土地区画整理事業と合同で実施。
  • 白髭東地区
    • 再開発と一体で整備を行った。
  • 白髭西地区
    • U字型のエリア。スーパー堤防を整備。汐入公園などがある。
  • 千住大橋地区
    • 2017年(平成29年)3月完成。千住隅田川テラスと呼ばれる。旧防潮堤記念碑が設置されている。
  • 千住桜木二丁目地区
  • 湊二丁目地区
    • 再開発と同時に整備。
  • 大川端地区
中川
堤防整備以外に中川テラス事業も行われている。
  • 西新小岩地区
    • 工場跡地にて整備が予定されている。
旧江戸川
  • 江戸川二丁目地区
綾瀬川

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成40年度」予定。
  2. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成35年度」予定。

出典[編集]

  1. ^ 治水の手法2 国土交通省
  2. ^ a b 高規格堤防の見直しに関する検討会 (2011年8月11日). “高規格堤防整備の抜本的見直しについて(とりまとめ) (PDF)”. 国土交通省. 2012年1月24日閲覧。
  3. ^ 蓮舫「スーパー堤防は不要」の不見識”. The Liberty Web, IRH Press (2011年3月20日). 2012年1月24日閲覧。
  4. ^ 石原都知事、蓮舫氏に「スーパー堤防はいりますよ」と痛烈な一撃 会談は5分で打ち切り 産経ニュース 2011年3月14日
  5. ^ 高規格堤防の見直しに関する検討会
  6. ^ a b 読売新聞 2012年1月20日 13S版36面
  7. ^ 「大規模な治水事業(ダム、放水路・導水路等)に関する会計検査の結果について 「要旨」5ページ(イ)会計検査院 2012年1月19日