高規格堤防

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上:従来型の堤防
下:スーパー堤防
スーパー堤防は高さに対して堤体の幅が約30倍である。堤防沿いの建物などを移転させてから盛土(図では赤い部分)を施し、整地後に改めて建物を建築する。

高規格堤防(こうきかくていぼう)は、河川堤防の高さに対して堤体の幅を長くしなだらかに堤防を整備する事業。スーパー堤防とも称される。国の事業と東京都事業に分かれる。

概要[編集]

スーパー堤防発祥の地の碑と事業説明板(千葉県栄町矢口スーパー堤防内)

越水しても崩壊し決壊しないよう、裏法面を3%以内の緩やかな勾配としたものを高規格堤防という[1]。堤防高を越えても緩やかに流下するため被害を最小限に抑える効果がある。1987年に建設省(現国土交通省)が事業として始め、利根川江戸川荒川多摩川淀川大和川の5水系6河川区間約873kmの整備を対象とした[2]。第一号として利根川沿いの千葉県栄町矢口が完成した。その後事業見直しが行われ、河川下流部の120㎞の整備に変更された。荒川下流部、多摩川下流部、江戸川下流部、淀川下流部、大和川下流部のみの整備となった。なお、利根川江戸川部分のかつて整備範囲だった堤防では首都圏氾濫区域堤防強化対策として通常堤防の強化が工事が続けられている。荒川中流部では堤防の幅を拡幅するさいたま築堤が行われている。

沿革[編集]

実施地区[編集]

江戸川
  • 篠崎公園地区
    • 2016年(平成28年)から公園整備工事と一体化して行われている。2026年(令和8年)完成予定。
  • 北小岩一丁目地区
    • 市街地において土地区画整理事業方式で嵩上げ。2013年(平成25年)から事業開始。
  • 東金町(水元公園)地区
  • 柴又公園地区
  • 市川三丁目地区
  • 下矢切・柳原地区
    • 江戸川浄水場施設等整備事業と同時に整備。
  • 妙典地区
    • 水田などを妙典土地区画整理事業により嵩上げし宅地化。1992年(平成4年)から1998年(平成10年)まで実施された。
  • 下妙典地区
    • 市川市の地域コミュニティゾーン整備事業とあわせて事業を行っている。市川市南部地区に不足している保育園、都市的な公園及び運動施設等を整備。
  • 市川南地区
    • 市川毛織市川工場跡地に整備。市川パークタウンが建つ。
  • 高谷地区
    • 市川市クリーンセンターの建替え事業と同時に整備。2024年(令和6年)完成予定。
  • 座生地区
  • 堤台地区
    • 堤台土地区画整理事業と一体で整備。
  • 関宿にこにこ水辺公園地区
  • 吉妻・西金野井地区
  • 幸手放水路地区
    • 中川流域のたび重なる浸水被害を軽減するため、埼玉県・国土交通省による新しい幸手放水路及び排水機場・樋管の建設と一体で整備。
  • 木津内地区
    • 杉戸町の環境センター、リサイクルセンター、並びに水防と一体で整備。
  • 木野川地区
    • 木津内高規格堤防事業の盛土材のストックヤードとして、平成6年より借地していたが、高規格堤防整備について地権者全員の同意が得られたことにより、単独事業として整備した地区。整備後、従前の土地利用形態(陸田)として返却。
  • 山王地区
    • 利根川・江戸川分派地点で治水上最も重要度の高い地区。「情報・防災ステーションごか」も併せて整備されている。
荒川
  • 川口地区
    • 1992年(平成4年)より舟戸町で行われており、小学校や寺院、自動車教習所が高台移転する。
  • 舟渡地区
  • 浮間地区
  • 北赤羽地区
    • 浮間地区荒川防災ステーション
  • 新田一丁目地区
    • 団地建替え事業と共に整備。2015年(平成27年)から2028年(令和10年)の工事期間[注釈 1]
  • 新田地区
    • 工場跡地に1990年(平成2年)から2011年(平成23年)にかけて整備。
  • 小台地区
  • 小台一丁目地区
  • 小松川地区
    • 1990年(平成2年)から2015年(平成27年)にかけて整備、土地区画整理事業など一体で整備。
  • 平井地区
  • 平井七丁目地区
    • 住宅地を撤去し、土地区画整理事業と一体で整備。2004年(平成16年)完成。
  • 戸田公園地区
  • 鹿浜地区
  • 宮城地区
  • 千住地区
  • 新砂地区
利根川
  • 矢口地区
    • 第一号完成地区。工業団地として整備された。
  • 新川通地区
    • 1947年昭和22年)のカスリーン台風破堤地点。明治43年の大水害の時には破堤しなかったため、比較的楽観視されていた場所であった。堤防上が道路として使用されていて補強工事が遅れていたことや対岸への「渡し場」(大越渡船[9])があり[10]、戦時中からは危ないと言われながらそのままになっていたカミソリ堤防から転換。決壊口跡の石碑記念碑があるカスリーン公園と大利根水防センターが整備されている。水防センター内にはおおとね童謡のふる里室がある。一時避難場所に指定されている。河川防災ステーション。
  • 大越地区
  • 大高島地区
    • 災害時の救援基地となる合の川河川防災ステーションも併せて整備。
  • 上新郷地区
    • 河川防災ステーションも併せて整備。
  • 目吹地区
    • 河川防災ステーションも併せて整備。
  • 本宿耕地地区
    • 佐原広域交流拠点PFI事業として道の駅・川の駅水の郷さわらも整備された。利根川と小野川の合流付近にあり、治水上重要な区間であることから、河川防災ステーションも併せて整備。
  • 押付地区
    • 利根川と小貝川の合流付近にあり、治水上重要な区間であることから、河川防災ステーションも併せて整備。
  • 伊賀袋地区
    • 利根川と渡良瀬川にV字形に挟まれている袋小路の地形のため、カスリーン台風では渡良瀬川堤防の決壊口からの浸水はこの付近で6.5mにもなった。一時避難場所に指定され、防災倉庫とヘリポートを備える。水防拠点。
  • 常木地区
    • 羽生スカイスポーツ公園が整備されている。
  • 出津地区
    • 河川防災ステーション
  • 須賀地区
  • 津ノ宮地区
    • 養護老人ホームが建っている。
  • 舞木地区
    • 舞木土地区画整理事業と一体で整備。なかさと公園が整備された。
  • 小見川地区
    • 水防拠点
  • 安西地区
  • 本宿地区
  • 藤岡地区
  • 藤畑地区
  • 山王地区
    • 利根川・江戸川分派地点で治水上最も重要度の高い地区。「情報・防災ステーションごか」も併せて整備されている。
  • 戸頭地区
多摩川
  • 二子玉川地区
  • 戸手地区
    • 2010年(平成22年)に完成。アクアリーナ川崎などの高層マンションなどが建った。
  • 下丸子地区
    • 工場跡地に2004年(平成16年)に完成。ザ リバープレイス、東京サーハウスなどの大規模マンションを建設した。
  • 矢野口地区
    • 稲城市の稲城矢野口駅周辺土地区画整理事業により北部が嵩上げ、市街地整備が行われている。1993年(平成5年)より事業開始。堤防は1999年(平成11年)から整備が始まり2006年(平成18年)に一部完成。
  • 港町地区
    • 工場跡地に開発事業、リヴァリエと合同で整備された。2008年(平成20年)から2010年(平成22年)に整備。
  • 殿町第一地区
淀川
  • 酉島(1)地区・酉島(2)地区
    • 酉島(2)地区は事業中。
  • 高見地区
  • 海老江地区
  • 大東地区
  • 生江地区
    • 事業中。
  • 城北地区
  • 大宮地区
  • 守口地区
  • 大庭地区
    • 大阪府庭窪浄水場高度浄水施設等整備事業に合わせ、整備。
  • 点野(1)・点野(2)地区
  • 木屋地区
  • 出口地区
  • 出口北地区
  • 伊加賀西(1)地区・伊加賀西(2)地区
  • 新町地区
  • 牧野北地区
  • 津屋地区
  • 大塚(1)・大塚(2)地区
    • 1917年大正6年)10月1日、台風がもたらした大雨による水位上昇により決壊した地点。俗にいう「大塚切れ[12]」。
  • 津之江地区
  • 前島(1)・前島(2)地区
  • 江川(1)・江川(2)地区
    • 阪急京都本線水無瀬駅の徒歩圏にあり、国道171号より約100m離れ交通の利便性等立地条件はいいものの、東側の淀川堤防とは約5m程度の高低差があるため、土地区画整理事業と一体で整備。
  • 山崎地区
大和川
  • 阪高大和川線地区
  • 阪高大和川線(常磐町)地区
  • 天美西地区
  • 大正地区
  • 若林(2)地区
  • 天美北地区
  • 落堀川地区
  • 矢田地区
  • 矢田(2)地区
  • 長吉爪破地区
  • 住道矢田地区
  • 川北地区
  • 安堂地区
  • 高井田(2)地区
  • 高井田地区

東京都では隅田川、中川、旧江戸川、新中川、綾瀬川でも高規格堤防整備を行っている。国の事業とは異なり、堤防の幅は最大50mに抑えられている。国の事業開始より2年前の1985年(昭和60年)度より行われている。

汐入公園付近の隅田川
隅田川
とくに隅田川テラスと呼ばれている。カミソリ堤防から転換が進められた。一部に高規格堤防もある。
  • 豊島五・六丁目地区
    • 土地区画整理事業と合同で実施。
  • 白髭東地区
    • 再開発と一体で整備を行った。
  • 白髭西地区
    • U字型のエリア。スーパー堤防を整備。汐入公園などがある。
  • 千住大橋地区
    • 2017年(平成29年)3月完成。千住隅田川テラスと呼ばれる。旧防潮堤記念碑が設置されている。
  • 千住桜木二丁目地区
  • 湊二丁目地区
    • 再開発と同時に整備。
  • 大川端地区
中川
堤防整備以外に中川テラス事業も行われている。
  • 西新小岩地区
    • 工場跡地にて整備が予定されている。
旧江戸川
  • 江戸川二丁目地区
綾瀬川

課題[編集]

ダムや高規格堤防を主体とした治水事業よりアーマー・レビー工法やインプラント堤防を中心とした治水事業のほうが時間も費用もかなり節約できるとしている。だがいずれも国交省が後ろ向きだという[13]

アーマー・レビー工法については、加古川など試験的に施工されているところもあるが、被覆するために堤防内部の土砂流出の有無が確認できない等の課題があり、まだ研究段階で技術が確立されていないのが現状である[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成40年度」予定。
  2. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成35年度」予定。

出典[編集]

  1. ^ 治水の手法2 国土交通省
  2. ^ a b 高規格堤防の見直しに関する検討会 (2011年8月11日). “高規格堤防整備の抜本的見直しについて(とりまとめ) (PDF)”. 国土交通省. 2012年1月24日閲覧。
  3. ^ 「事業仕分け第3弾 平成22年10~11月実施」 国立国会図書館が保存した2015年5月1日時点のページ
  4. ^ 高規格堤防の見直しに関する検討会
  5. ^ a b 読売新聞 2012年1月20日 13S版36面
  6. ^ 「大規模な治水事業(ダム、放水路・導水路等)に関する会計検査の結果について 「要旨」5ページ(イ)会計検査院 2012年1月19日
  7. ^ 利根川と江戸川上流は2010年10月の事業仕分けから廃止されたままだが、大抵の重要水防箇所はすでに整備済みであった。後述の実施地区も参照
  8. ^ 東京都世田谷区の多摩川氾濫は無堤防区間で氾濫。住民の合意難航…50年以上、無堤防状態 多摩川氾濫の東京・二子玉川 産経新聞 2019年10月25日
  9. ^ 大越船橋(現・埼玉大橋)1896-8 - 土木学会附属土木図書館
  10. ^ 内閣府防災 第1章 カスリーン台風と利根川流域 p27
  11. ^ 「伊加賀切れ」の被害語り継ぐ 枚方で淀川の洪水展”. 産経新聞WEST (2015年10月25日). 2019年11月20日閲覧。
  12. ^ 淀川大塚切れ国土交通省 淀川河川事務所
  13. ^ 2019年10月17日発行東京新聞24-25面
  14. ^ 兵庫県ホームページ Q5 堤防強化にはどのような対策があるのか?

関連項目[編集]