高辻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高辻家
家紋
うめばち
梅鉢
本姓 菅原朝臣嫡流
家祖 高辻是綱
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 菅原為長
支流、分家 西高辻家社家
唐橋家半家
五条家(半家)
東坊城家(半家)
清岡家(半家)
桑原家(半家)
前田氏(武家
西坊城家公家
凡例 / Category:日本の氏族

高辻家(たかつじけ)は菅原道真の子孫である高辻是綱(正四位下大学頭)(1030年 - 1107年)を祖とする堂上家である。ちなみに唐橋家の祖である在良従四位上式部大輔従三位)(1041年 - 1121年)は是綱の弟に当たる。

家格半家。当初は受領層の貴族と同じく四位止まりの家柄であったが、鎌倉時代初期の菅原為長1158年 - 1246年)が参議に昇進して公卿の列に加わり、室町時代高辻継長1414年 - 1475年)以降は文章博士・大学頭・式部大輔を経て大納言極官とするようになる。鎌倉時代になり高辻家からは五条家が分かれ出る事となる。明治になり太宰府天満宮社家として西高辻家が分家、興された。

家業は紀伝道で、代々天皇侍読を務めた。

安土桃山時代高辻長雅正二位・権大納言・式部大輔)(1515年 - 1580年)の代で中絶するが、寛永11年(1634年)に後水尾上皇の命で同族の五条家から高辻遂長(かつなが)(正三位参議大蔵卿)(1600年 - 1643年)を養子として家名が再興される。

江戸時代家禄は200明治維新後、華族令施行により修長が子爵に叙せられた。



系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の高辻家領は以下の通り。(4村・200石8斗4升1合6勺)

  • 山城国愛宕郡一乗寺村のうち - 79石8斗4升1合6勺
  • 山城国葛野郡朱雀村のうち - 10石
  • 山城国葛野郡上桂村のうち - 100石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 11石

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菅原在長の子。
  2. ^ 五条為経の子。
  3. ^ 東坊城長維の子。
  4. ^ 東坊城恒長の子。

参考文献[編集]