高辻知義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高辻 知義(たかつじ ともよし、1937年2月10日 - )は、日本のドイツ文学者東京大学名誉教授。東京生まれ。

妻はピアニストの岡村梨影。

略歴[編集]

活動[編集]

ワーグナーを研究、ワーグナー作品の絵入り本の翻訳のほか、対訳本も刊行している。 1980年代に、NHKラジオ ドイツ語講座(中級)の講師を務め、『ローエングリン』を訳読した。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 若き日のカフカ(K.ヴァーゲンバッハ) 中野孝次共訳(竹内書店、1969年/ちくま学芸文庫
  • おおきな小人(ギーゼラ・エルスナー) (新潮社、1970年)
  • 回想のロンド(カール・ベーム) (白水社、1970年/白水社Uブックス)
  • ベートーヴェンピアノ・ソナタ演奏法と解釈(パウル・バドゥーラ=スコダ) 岡村梨影共訳(音楽之友社、1970年)
  • 音楽社会学序説(テオドール・W.アドルノ) 渡辺健共訳(音楽之友社、1970年/平凡社ライブラリー
  • 不協和音(アドルノ) 三光長治共訳(音楽之友社、1971年/平凡社ライブラリー)
  • ワーグナー(クルト・フォン・ヴェステルンハーゲン) 三光長治共訳(白水社、1973年)
  • 音楽の贈りもの(フリードリヒ・シュプリンゴールム) (白水社、1974年)
  • カール・ベーム(フランツ・エンドラー) (新潮社、1983年)
  • ローエングリン(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1985年)
  • タンホイザー(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1986年)
  • さまよえるオランダ人(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1986年)
  • 40年目の5月8日に 大統領の演説(リヒャルト・フォン・ワイツゼッカー) (同学社、1986年)
  • 音楽家の肖像(フェーリックス・シュミット) (音楽之友社、1987年)
  • ニュルンベルクのマイスタージンガー(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1987年)
  • フルトヴェングラーカラヤンか(ヴェルナー・テーリヒェン) (音楽之友社、1988年)
  • トリスタンとイゾルデ(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1988年)
  • パルジファル(リヒャルト・ワーグナー) (新書館、1988年)
  • カラヤンの生涯(フランツ・エンドラー) (福武書店、1994年)
  • あるベルリン・フィル楽員の警告(ヴェルナー・テーリヒェン) 平井吉夫共訳(音楽之友社、1996年)
  • トリスタンとイゾルデ(リヒャルト・ワーグナー) (音楽之友社 オペラ対訳ライブラリー、2000年)
  • ニュルンベルクのマイスタージンガー(リヒャルト・ワーグナー) (音楽之友社 オペラ対訳ライブラリー、2001年)
  • ニーベルングの指環(リヒャルト・ワーグナー) (音楽之友社 オペラ対訳ライブラリー、2002年)
  • タンホイザー(リヒャルト・ワーグナー) (音楽之友社 オペラ対訳ライブラリー、2004年)

共著等[編集]