高速大師橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高速大師橋
Kosoku daishi bridge 20200106(02).jpg
右岸(川崎市)より。奥の斜張橋は産業道路大師橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都大田区神奈川県川崎市
交差物件 多摩川
用途 高速道路
路線名 首都高速神奈川1号横羽線
管理者 首都高速道路株式会社
開通 1968年11月28日
座標 北緯35度32分35秒 東経139度44分32.8秒 / 北緯35.54306度 東経139.742444度 / 35.54306; 139.742444
構造諸元
形式 3径間連続鋼床版桁橋
材料 鋼材
全長 桁橋部292m、ラーメン橋部含め524m
16.5m
高さ 13m(東京湾の平均的な海面から道路面までの高さ)
最大支間長 132m
地図
高速大師橋の位置(東京都区部内)
高速大師橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

高速大師橋(こうそくだいしばし)は、東京都大田区神奈川県川崎市の間の多摩川に架かる、首都高速横羽線である。

地理[編集]

東西に流れる多摩川に架かり、左岸(北側)が東京都大田区羽田2・3丁目、右岸(南側)が川崎市川崎区殿町1丁目で[1]、多摩川の左岸寄りが都県境となる。

川崎市側では東京都道・神奈川県道6号東京大師横浜線(産業道路)の大師橋の直上を通るが、多摩川に直交する大師橋に対し、高速大師橋の大田区側の岸は170mほど下流側にずれており、両橋の間には船溜まりがある。1939年の大師橋開通以前には羽田の渡しが運航されており、両岸の本橋のたもとにはが建てられている[2]

1968年の開通以来、多摩川を渡る橋としては最も河口寄りに位置し、これより下流側の渡河施設はいずれも水底トンネルであるが、本橋の2kmほど下流に2020年度中の開通を目標に羽田連絡道路の橋梁を建設中である[3]

構造[編集]

洪水対策から支間長を長くする必要があり、建設に際し多くの企業から競争設計を募った。左岸側は支間80m+132m+80mの3径間連続鋼床版桁橋、右岸側は支間64m+64m、54m+50mのプレストレスト・コンクリートT型ラーメン橋とした。桁橋部の施工にあたっては鋼床版の現場突合せ溶接やY型の鋼床版縦リブ、溶接と高力ボルトの併用継手など当時の最新技術が導入された[4]。軽量化を図り、横リブは5m間隔と、一般的な同形式の2~3m間隔に比べて少なくした[5]

架け替え[編集]

Y型リブを使用した床版は橋桁の軽量化に寄与したが、橋全体がたわみやすいという弱点も持った。1日平均通過台数約89000台[6]という交通量の多さもあり、1985年頃から多数の疲労亀裂が確認された。このため、左岸側約300mの鋼橋部分の上部工を架け替えることとなったが、現在の技術基準の設計では死荷重が大きくなり、下部工の耐力を上回ることが見込まれるため橋脚を含めた架け替えが決定した[7]。門型の橋脚を設置するとともに既設橋の下流側の河川上で新設橋の上部工を組み立て、既設橋の上部工を上流側にスライドさせたのちに新設橋を架設する手順で行われ、完成は2023年度を見込んでいる。幅員は16.5mから18.2mに拡幅される[8]

近隣の橋・河底トンネル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高速大師橋更新 基本情報”. 首都高速道路株式会社. 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ 多摩川渡し跡(羽田の渡し)”. 大田区役所 (2018年9月11日). 2019年10月29日閲覧。
  3. ^ 川崎市、川崎と羽田空港を結ぶ羽田連絡道路の開通時期を先送り。2020年内から2020年度内へ”. トラベルWatch (2019年8月26日). 2019年10月29日閲覧。
  4. ^ (首都高速道路公団 1979, p. 192)
  5. ^ 首都高速道路の更新計画について (PDF)”. 首都高速道路株式会社 (2014年6月25日). 2019年10月29日閲覧。
  6. ^ 2015年10月平日の平均値。“首都高速 高速大師橋の更新事業 契約手続き(案)を公表”. 道路構造物ジャーナルNET. https://www.kozobutsu-hozen-journal.net/walks/detail.php?id=67 2019年10月29日閲覧。 
  7. ^ 第19回鋼構造と橋に関するシンポジウム論文報告集 首都高速道路の大規模更新 (PDF)”. 土木学会 (2016年8月). 2019年10月29日閲覧。
  8. ^ 高速大師橋更新 事業概要”. 首都高速道路株式会社. 2019年10月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 首都高速道路公団『首都高速道路公団20年史』、1979年6月17日。