高野あゆ美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかの あゆみ
高野 あゆ美
生年月日 (1973-02-25) 1973年2月25日(45歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビ番組
活動期間 1998年 -(トルコの旗 トルコ
公式サイト http://www.ayumitakano.com/
主な作品

バラエティ番組

  • 『Türkiye’de Yaşamak』("トルコで暮らす")
  • 『Ayumi İle Özel Tatlar』("アユミの特別な味")

テレビドラマ

高野 あゆ美(たかの あゆみ、1973年2月25日)は、主にトルコで活動する日本出身の女優タレントコーディネーター。制作プロダクション SAGAMI (SAGAMİ Reklamcılık Turizm ve Ticaret LTD. ŞTİ) 代表。 日本大学芸術学部卒業、マルマラ大学ラジオ・テレビ学科修士課程修了[1]

女優業の他にテレビ番組の司会、企画、演出、編集などもこなす。彼女の番組は高い人気を誇っており、トルコ国内では政治家から一般市民までの幅広い層に知られ、最も有名な日本人女性の一人である[2]

公式サイトでは生年を公表していないが、2008年に受けたインタビューにおいて2008年現在35歳であることを公表しており[2]、自身のツイッターの自己紹介欄で誕生日を2月25日と記している。

活動[ソースを編集]

日大在学中からモデル業を中心に芸能活動もしており、それらの仕事と学業の合間を見つけては世界各地を精力的に旅行するなどしていた。初めてトルコを訪れたのは1997年で、その際にトルコの映画会社で働く日本人女性から映画の中国人役を紹介されて応募。出演した映画『Herşey Çok Güzel Olacak(全てがとてもうまく行くだろう)』(1998)が大ヒットして以来、映画や舞台への出演依頼が次々に舞い込む。

女優業の他にテレビ番組でも活動し始める。チャンネル24トルコ語版でトーク番組『トゥルキエ・デ・ヤシャマク(Türkiye’de Yaşamak:トルコで暮らす)』、料理番組『アユミの特別な味(Ayumi İle Özel Tatlar)』などの司会を担当した。前者はトルコに暮らす外国人を招きトルコ社会、文化について軽妙なトークを交わす番組で「他国の文化を退屈せずに学べる」「これまで全く知らなかった日本人、日本文化に共感することができた」など高い評価を受けた[2]

これらの業績から2010年には外務省が事務局を務める「2010年トルコにおける日本年」の日本側親善大使に任命され[3]、祝賀式典の司会をはじめとする様々な関連行事に携わるとともに、6月には日本年の一環として自らが企画主催した高瀬道場[4]の「殺陣技斗演武会」(Samuray Aksiyon Sanati Gösterisi)をコンヤイスタンブールで開催した[5][6]

また、日本の雑誌等にトルコの文化や社会などを紹介する記事を寄稿しており、卑近な実体験を通した私的な視点と、社会統計などを用いたより大きな視点の両面から書かれたものが多く、殊更にトルコの礼賛にも批判にも偏することのない内容になっている。一方トルコに日本文化を紹介する文筆活動として、トルコ語 で書かれた初の日本料理本という『Ayumi'nin Mutfağı -Pratik Malzeme ve Tariflerle Japon Yemekleri ve Japon Kültürü- (あゆ美のキッチン-簡単な材料とレシピで日本料理/日本文化-)』を現地出版社から2014年に出版した[7]。これは単なる日本料理のレシピ本ではなく、その料理の意味や来歴、文化的背景なども紹介した内容になっている[8]。さらにトルコのグルメ雑誌『BEEF & FISH』の2015年の新年号から、日本の食文化を紹介する記事の連載を行っている[9]

人物[ソースを編集]

身長172cm、体重50kg。趣味料理フラメンコ[1]。特に料理の趣味は、トルコのグルメ雑誌に日本料理に関する連載をしたり、日本料理の本を出版したりするなど趣味の域を超えており、これは両親が料理人であったことから特に日本の食文化への思い入れが深いためだという[7]。またネコが好きで、ブログその他にはネコに関する書き込みや写真も多い。

トルコでは、地元メディアやファンから必ずといっていいほど「イスラム教に改宗しないのか」と聞かれるという。高野は「改宗すれば喜ばれるのは分かる。でも芸を売る人間宗教を利用するのは反則と思う」と語り、改宗するつもりはないと語っている。また、トルコ人女優がギリシャ人男性と結婚してイスラムからキリスト教に改宗して大スキャンダルとなったことを、「そのことを問い詰めようとその2人の親元にまでマスコミが押しかける様子に違和感を覚えた」と語っている[2]

チャンネル24の創設者で『トルコで暮らす』のプロデューサーでもあるムスタファ・ホシュは高野を「イタリア人などでトルコ語ができる外国人タレントは多いが、あゆ美はその中でもトルコが外からどう見えるのか、一番いい分析ができる頭の良い芸能人だ。トルコと日本の絆を深める大きな役割を果たしている」と評している。また、「あゆ美は経験を重ねていい番組制作者になってきた。彼女にはテレビの世界でもっと外国人の目から見たトルコの文化、ライフスタイルを紹介して欲しい」とも語っている[2]

主な出演[ソースを編集]

映画
  • Her Şey Çok Güzel Olacak』 ("全てがとてもうまく行くだろう") 1998年 … 中国娘 Shav Mei 役(デビュー作)
  • Yeşil Işık』 (みどりの光線) 2001年 - 日本担当の天使
  • Hırsız Var!』 ("強盗 はい!") 2004年 - 通訳役
  • G.O.R.A』 2004年 - 日本人ガイド役
  • 海難1890』 2015年 … 木村美知役
テレビ(ドラマ)
  • Aşkım Aşkım (アシュクム・アシュクム)』("マイラブ・マイラブ") (Kanal D ) 2001年 - Makiko役
  • 『Japonyalı Gelin』 (TGRT) 2002年
  • 『{Hadi Uç Bakalım』 (ATV) 2003年 - Keyoka役
  • 『Ağa Kızı』 (Kanal D) 2004 … Yuki役
  • Hayat Bilgisi』 (Show TV) 2005年 - Hanako役
  • 『Aşkım Aşkım (アシュクム・アシュクム)』 (Kanal 1) 2008年 - Makiko役
  • Küçük Gelin』("小さな花嫁") (STV) 2015年5月24日 - Elnara役
  • O Hayat Benim第4シーズン)』 (FOXTV) 2017年 - Teya役
テレビ(教養・バラエティー)
  • 『世界悠々 シルクロード イスタンブール〜トルコ』 (NHK BS2 ) 2000年 … ナレーター
  • 『Show Zamanı』 (Show TV) 1999-2000年 … 司会
  • 『Anne ben Türkiye’deyim』 (TGRT) 2003年 … 司会
  • 『Ayumi İle Özel Tatlar』 ("あゆ美 with スペシャルテイスト") (CINE5) 2004-2005年 … 司会・料理実演
  • 『Şakaşova』(Show TV) 2005 … 司会
  • 『Türkiye’de Yaşamak』 ("トルコで暮らす") (Kanal 24) 2006年 … 企画・演出・司会
  • 『トルコ航空スペシャル 東西の交差点・トルコ』 (BS朝日) 2009年4月11日 … レポーター・案内人
  • 『トルコ・長崎美食対決』(BSジャパン) 2010年1月1日 … 料理審査員
  • 『トルコ航空スペシャル 東西の交差点・トルコ 特別編〜これであなたもイスタンブール通』 (BS朝日) 2010年3月6日 … レポーター・案内人
  • 地球アゴラ/第107回 親日国トルコの素顔』 (NHK BS1)2010年11月7日 … "アゴラー" [1]
  • 『Arife Tarif』(料理番組) (TRT 1) 2010年11月19日 … ゲスト
  • 『大人のヨーロッパ街歩き』(BS日テレ/旅チャンネル) 2010年7月2日 - 放映中 … ナビゲーター
  • はなまるマーケット』(とくまる/トルコのヨーグルト活用術)(TBS系列)2012年8月6日 … 現地案内・レシピ指導 [2]
舞台
広告・その他
  • Ülker Soya Köftesi 2003年 (Ülker=ウルカーはトルコの代表的な食品会社、Soya Köftesi は大豆を用いたキョフテ
  • 三洋電機(トルコ) 2004-2006年
  • 「トルコにおける日本年」日本側親善大使(トルコ側親善大使はハディセ) 2010年 … 祝賀式典の司会、その他の関連行事への参画・出演

執筆活動・著作[ソースを編集]

  • ワールドバザール21』のウェブ:連載「高野あゆ美がお届けするトルコ情報」 2003年-(外部リンク参照)
  • 『清流』(清流出版)13巻1号-3号:連載「世界の街角から Turky トルコ/イスタンブール」
  • 「トルコの『国民的姑』は息子の嫁候補の敵」 2006年1月(13巻1号:p.92)
  • 「文盲率のダウンを目指して女性が女性をバックアップ」2006年2月(13巻2号:p.92)
  • 「愛煙家天国のトルコでも大禁煙キャンペーン中」2006年3月(13巻3号:p.92)
  • 『BEEF & FISH』(トルコのグルメ雑誌)日本の食文化を紹介する記事の連載 2015年新年号から
  • Ayumi'nin Mutfağı -Pratik Malzeme ve Tariflerle Japon Yemekleri ve Japon Kültürü- 『あゆ美のキッチン-簡単な材料とレシピで日本料理/日本文化-』[7] (トルコ語) Türkiye İş Bankası Kültür Yayınları(トルコ・イシ銀行文化出版社)2014年8月発行 ISBN 6053322091 / ISBN 9786053322092

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高野あゆ美公式サイト. “自己紹介 高野あゆ美”. 2009年1月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e 共同通信 (2008年11月9日). “トルコでトーク番組を立ち上げた 高野あゆ美さん(35)- TORUKO TRADE トルコニュース”. 2012年11月13日閲覧。
  3. ^ 外務省 (2010年). “「2010年トルコにおける日本年」オープニング式典の開催について ”. 2010年5月15日閲覧。
  4. ^ 高野が滞日時に稽古を付けてもらっている道場で、本物の殺陣をトルコ人にも見てもらいたいと考えたことから企画した。
  5. ^ イスタンブール的ガイジン暮らし、のブログ。2010年6月のエントリー[リンク切れ]
  6. ^ Japon kültürü tanıtılıyor
  7. ^ a b c 在イスタンブール日本総領事館(2014年) (pdf)高野あゆ美著『あゆ美のキッチン』-簡単な材料とレシピで日本料理/日本文化-」出版記念会(2014年9月3日於:旧総領事館事務所)
  8. ^ ヒュッリイェト紙による高野へのインタビュー記事 「Akşama yine mi suşi var?」(2015年1月4日)--2015年2月8日閲覧。
  9. ^ BEEF & FISH [Japon mutfak kültüründe yılbaşı gelenekleri http://beefandfish.com/beef-fish/yemek-kulturu/japon-mutfak-kulturunde-yilbasi-gelenekleri.html](2015年1月2日)--2015年2月8日閲覧。