高野保春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
高野保春
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安3年3月3日1650年4月3日
死没 正徳2年5月26日1712年6月29日
官位 正二位権大納言
主君 後西天皇霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 持明院家高野家
父母 父:持明院基定、母:持明院基久
兄弟 持明院基時、保春
保光、四辻実長[1]、保房
テンプレートを表示

高野 保春(たかの やすはる)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿高野家の祖。

経歴[編集]

権大納言持明院基定の三男。母は持明院基久の娘。

官位正二位権大納言。主に霊元天皇東山天皇の御世の朝廷に仕えた。

浅野長矩元禄14年(1701年)に接待役を命じられていた勅使の一人(もう一人は柳原資廉)としても知られる。

官歴[編集]

  • 慶安1年(1650年) 3月 3日 (1歳) :誕生
  • 万治1年(1658年) 9月10日 (9歳) :従五位下
  • 寛文1年(1661年)12月 6日 (12歳):元服のうえ昇殿、修理権大夫
  • 寛文2年(1662年) 5月 5日 (13歳):従五位上
  • 寛文5年(1665年)12月 6日 (16歳):正五位下
  • 寛文9年(1669年)12月14日 (20歳):従四位下
  • 延宝2年(1674年)12月27日 (25歳):従四位上
  • 延宝6年(1678年)12月19日 (29歳):正四位下
  • 天和3年(1683年) 8月23日 (34歳):従三位
  • 天和3年(1683年)12月29日 (34歳):宮内卿
  • 元禄3年(1690年) 3月12日 (41歳):正三位
  • 元禄5年(1692年)12月29日 (43歳):参議
  • 元禄10年(1697年)12月14日 (48歳):参議辞職
  • 元禄11年(1698年) 1月 5日 (49歳):従二位
  • 元禄13年(1700年) 8月29日 (51歳):権中納言・勅授帯剣聴直衣
  • 元禄13年(1700年)10月24日 (51歳):権中納言辞職
  • 宝永5年(1708年) 12月21日 (59歳):権大納言
  • 宝永6年(1709年) 5月27日 (60歳):権大納言辞職
  • 正徳1年(1711年) 7月27日 (62歳):正二位
  • 正徳2年(1712年) 5月26日 (63歳):薨去

脚注[編集]

  1. ^ 四辻秀藤の養子

関連項目[編集]