高野昭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかの しょうへい
高野 昭平
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都台東区
生年月日 1930年6月25日
最終学歴 早稲田大学
職歴 ラジオ東京→TBSアナウンサー ほか
活動期間 1953年 - 1967年9月、
1968年9月 - 1981年6月
ジャンル スポーツ、音楽、報道・情報
出演番組・活動
出演経歴 東西こぼれ話
おはよう・にっぽん
テレフォン身の上相談
など
その他 定年後は、メディア・スタッフ取締役相談役、TBSアナウンススクール特別講師を務める。
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

高野 昭平(たかの しょうへい、1930年6月25日[1] - )は、日本のアナウンサー実業家

東京都[2]台東区出身。

略歴[編集]

浅草生まれ[3]早稲田大学卒業[2]後、1953年2月にラジオ東京(のちのTBS)[注釈 1]へ第2期生として入社[4]。アナウンス部長などを歴任(1967年10月から1968年9月までの間、報道局特別制作部へ異動)後、1981年7月にラジオ局へ異動しアナウンス職から離れる。1982年10月には広島エフエム放送出向1983年10月にTBSへ復帰し人事労政局に在籍。1985年5月にテレコム・ジャパンへ出向し、6月に定年[4]。その後、メディア・スタッフ取締役相談役を務める一方、TBSアナウンススクールの特別講師を担当している。

主な担当番組[編集]

ラジオ[編集]

  • 引揚船(引揚者)の出迎え中継(最初の担当)[5]
  • ラジオ・ボードビル東西アルファベット読本(1953年11月。最初のスタジオ番組担当)[5]
  • 東西こぼれ話(1955年)[4][6]
  • 5秒のスリル(1956年)[4]
  • 紅白歌えらび(1958年)[4]
  • 人気投票六つの唄(1958年)[4]
  • 私の作ったメロディー(1959年)[4]
  • 名流小唄集(1960年)[4]
  • 三菱ダイヤモンドハイウェイ(1961年)[4]
  • 歌謡曲ベストテン(1962年)[4]
  • 電話でクイズ(1962年)[4]
  • 戦国忍法帖(1963年)[4][6]
  • 歌謡曲でぶっとばせ(1968年)[4]
  • 奥様Q&A(1969年)[4][6]
  • TBS950街を行く(1969年)[4]
  • テレフォン身の上相談(1976年。キャスターとして美輪明宏と共演[2][4]

テレビ[編集]

スポーツ中継[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1955年4月から2001年9月までラジオテレビ兼営局。2001年10月にラジオ局がTBSラジオ&コミュニケーションズへ、2009年4月にテレビ局がTBSテレビへそれぞれ分離し、持株会社「東京放送ホールディングス(TBSHD)」となった。

出典[編集]

  1. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』三才ブックス、1981年、90頁。「生年月日 1930年6月25日」
  2. ^ a b c d e f g 外部リンク(TBSアナウンススクさール講師一覧)
  3. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』三才ブックス、1981年、90頁。「出身地 東京、浅草」と明記。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『TBSアナウンサーの動き』を参照。
  5. ^ a b 『創立二十周年記念座談会2 ラジオ二十年』1ページ目(原典2ページ)より、高野の発言を参照。
  6. ^ a b c d e 『TBS50年史』資料編

参考文献[編集]

  • 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』三才ブックス、1981年。
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 社内報の再録記事
        • 『創立二十周年記念座談会2 ラジオ二十年』(1971年7月20日発行『TBS社報』NO.363の2ページから10ページに掲載された記事。全9ページ)

関連項目[編集]