高陽町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうようちょう
高陽町
廃止日 1973年3月20日
廃止理由 編入合併
安芸郡瀬野川町、安佐郡高陽町佐東町安古市町広島市
現在の自治体 広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安佐郡
団体コード 34347-6
面積 51.55km²
総人口 12,932
(1971年10月1日)
隣接自治体 広島市、安芸郡安芸町瀬野川町、安佐郡佐東町安古市町賀茂郡志和町高田郡白木町
高陽町役場
所在地 広島県安佐郡高陽町
特記事項 町役場は、同地で建て替えられ「広島市安佐北区役所高陽出張所」になっている。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

高陽町(こうようちょう)はかつて広島県安佐郡に存在した町である。

1973年3月20日に隣接する安佐郡佐東町安古市町及び安芸郡瀬野川町とともに広島市へ編入されて消滅した。同時に安佐郡も1898年10月1日の成立(高宮郡沼田郡の統合による)以来約75年の歴史にピリオドを打った。しかし「高陽ニュータウン」などの大規模団地のほか、現在も「高陽〇〇」と名が付く施設が多いため、この辺り一帯は今でも高陽町と呼ぶことが多い(ただし住居表示を行った地域では住所上から「高陽」の呼称は消滅している)。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。町域には当時いずれも高宮郡に属する狩小川(かこがわ)・口田・深川(ふかわ)の各村があった。
  • 1895年9月1日 - 深川村のうち岩上・玖・末光・諸木が落合村として独立する。
  • 1898年10月1日 - 高宮郡・沼田郡が統合して安佐郡が成立する。落合・狩小川・口田・深川各村は安佐郡の所属となる。
  • 1955年3月31日 - 落合村・狩小川村・口田村・深川村が対等合併して高陽町が成立する。
  • 1973年3月20日 - 安佐郡佐東町安古市町および安芸郡瀬野川町とともに広島市へ編入されて消滅する。同時に安佐郡も消滅する。

地理[編集]

河川
  • 鬼ヶ城山(標高737.9m)
  • 高鉢山(標高726m)
  • 長者山(標高571m)
  • 二ヶ城山(標高483.2m)
  • 木ノ宗山(標高413.1m)
  • 中山(標高283.9m)
  • 椎村山(標高282m)

大字[編集]

  • 岩上(いわのうえ)
  • 小河原(おがわら)
  • 小田(おだ)
  • 上深川(かみふかわ)
  • 狩留家(かるが)
  • 玖(く)
  • 下深川(しもふかわ)
  • 城ヶ丘(じょうがおか)
  • 翠光台(すいこうだい)
  • 末光(すえみつ)
  • 鳥越(とりごえ)
  • 中深川(なかふかわ)
  • 諸木(もろき)
  • 矢口(やぐち)

交通(1973年3月19日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道

町内は通っていない。

主要地方道
一般県道

教育(1973年3月19日当時のデータ)[編集]

小学校
中学校

関連項目[編集]