高鷲インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高鷲インターチェンジ
高鷲インターチェンジ(入口料金所)
高鷲インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
IC番号 11
料金所番号 01-241
本線標識の表記 高鷲
起点からの距離 84.4 km(一宮JCT起点)
白鳥IC (8.0 km)
接続する一般道 岐阜県道45号高鷲インター線
供用開始日 1999年11月27日
通行台数 1,236台/日(2007年10月度)
所在地 501-5304
岐阜県郡上市高鷲町鮎立大ヶ野5801
テンプレートを表示

高鷲インターチェンジ(たかすインターチェンジ)は、岐阜県郡上市東海北陸自動車道上にあるインターチェンジ

概要[編集]

元々は旧高鷲村開発インターチェンジとして整備され、建設費用は第三セクターを通じて高鷲スノーパークの駐車料金等で償還されている[1]

開通後は周辺スキー場へのアクセス道路として利用されることが多く、以前は東海北陸自動車道が暫定2車線になっていたため、冬季のスキーシーズンになると下り線(高山方面)で渋滞が発生し、飛騨地方・北陸方面への流れを塞き止めることがあった。応急策として当IC出口の減速車線を2車線に拡幅[2]して対応したが、根本的な解決には至っていない。また、夕方にはスキー場から当ICに向かう車が集中し、渋滞が発生することがある。

2009年ひるがの高原SAスマートICが恒久的に供用されたことや、2012年に白鳥IC-飛騨清見ICの4車線化が決定したことに伴い、交通分散および渋滞の解消が期待される。

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:5

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

出口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:2
    • 一般(精算機レーン):1

接続する道路[編集]

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(10)白鳥IC - (11)高鷲IC - 鷲見橋 - (11-1)ひるがの高原SA/スマートIC - (12)荘川IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岐阜県県土整備部 (2008年). “特集 -東海北陸自動車道の全線開通によせて-”. 図夢in中部(ズームinチュウブ)2008年vol.22 (一般社団法人建設コンサルタンツ協会中部支部). http://www.ccainet.org/zoom/tokusyu/Vol22/ 
  2. ^ 上り線(一宮方面)からの出口は1車線のままである。

関連項目[編集]