高鼻町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 大宮区 > 高鼻町
高鼻町
氷川神社の楼門
氷川神社の楼門
■高鼻町の位置(埼玉県内)
■高鼻町
高鼻町
高鼻町の位置
北緯35度54分38.89秒 東経139度37分49.73秒 / 北緯35.9108028度 東経139.6304806度 / 35.9108028; 139.6304806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
大宮区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 3,910人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
330-0803[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

高鼻町(たかはなちょう)は、埼玉県さいたま市大宮区町名である。現行行政地名は高鼻町一丁目から高鼻町四丁目。住居表示未実施地区[4]郵便番号は330-0803[2]

地理[編集]

さいたま市大宮区の北部に位置する。中央を氷川神社の参道が縦断し、それを境に東が一・三丁目、西が二丁目、大宮公園が四丁目となっている。町域は大宮台地に位置する。地区北部の低地はかつての見沼の入江であり、そのほとりに氷川神社が建っていた。現在は入江は埋め立てられ大宮公園として整備されているが、ボート池などが見沼の面影を残している。 神社の鎮座する地は、大宮台地の上にあり、その中でも鼻のように高く突き出た位置にある為、一帯の地名は高鼻町と呼ばれた。[5]

町域から縄文遺跡が複数発掘されている。また4丁目に弥生期の住居跡が発掘され県史跡となっている[6](埼玉県立歴史と民俗の博物館管理)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日に公表された公示地価によれば、高鼻町三丁目139番3の地点で298,000円/m2となっている[7]

歴史[編集]

かつてこの一帯は江戸期より存在した足立郡大宮領に属する高鼻村で、村域に当たる場所は古くは安土桃山期より存在した高鼻郷に属していたと云われ、1591年(天正19年)より氷川社社領となる[8]。なお、高鼻は高埇とも記される。村高は『元禄郷帳』では48余、『天保郷帳』では289石余であった[8]。持添新田は何れも幕府領で1725年享保13年)開発された見沼新田や1761年宝暦11年)および1787年天明7年)に開発された寿能原新田を領する[8]助郷は中山道大宮宿に出役していたが、正徳安永年間は日光御成街道大門宿にも出役していた[8]。村の規模は東西4、南北18町であった。上天沼村と大宮宿の間や[8]、上天沼村と新右衛門新田の間(現在の天沼町一・二丁目の概ね見沼の低地に当たる場所)にも飛地を領していた[9]

地名の由来[編集]

大宮台地が低地に鼻のように高く突出した場所であることからにある為、高鼻町と呼ばれる[5]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
高鼻町一丁目 930世帯 1,941人
高鼻町二丁目 622世帯 1,354人
高鼻町三丁目・四丁目 292世帯 615人
1,844世帯 3,910人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[25]

丁目 番地 小学校 中学校
高鼻町一丁目 1〜29番地 さいたま市立大宮小学校 さいたま市立大宮東中学校
その他 さいたま市立大宮北小学校 さいたま市立大宮北中学校
高鼻町二丁目 全域 さいたま市立大宮東小学校
高鼻町三丁目 全域 さいたま市立大宮小学校
高鼻町四丁目 全域 さいたま市立大宮東小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

北西端を東武野田線(東武アーバンパークライン)が通っているが駅はない。最寄り駅は大宮駅北大宮駅大宮公園駅のいずれかである。

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施地区一覧 (PDF)”. さいたま市 (2019年2月26日). 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ a b 氷川神社について - 武蔵一宮氷川神社 .2016年7月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』959頁。
  7. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』535-536頁。
  9. ^ 『大宮のむかしといま』117頁。
  10. ^ 『大宮のむかしといま』78-81頁。
  11. ^ 『大宮のむかしといま』86-93頁。
  12. ^ a b c 『大宮のむかしといま』資料-7-11頁。
  13. ^ さいたま市図書館 メールマガジン バックナンバー 平成27年10月1日 第68号 - さいたま市図書館.2019年10月22日閲覧。
  14. ^ a b 『大宮のむかしといま』資料-26-29頁。
  15. ^ 大宮市立博物館『写真でみる大宮の昔と今』大宮市教育委員会、1990年11月3日、152-153頁。
  16. ^ 『大宮のむかしといま』250-256頁。
  17. ^ a b c 氷川参道 - 武蔵一宮氷川神社.2019年10月29日閲覧。
  18. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』956頁。
  19. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』958頁。
  20. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』957頁。
  21. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』961頁。
  22. ^ a b 『写真でみる大宮の昔と今』204-205頁。
  23. ^ 『写真でみる大宮の昔と今』220-221頁。
  24. ^ 新大宮区役所・大宮図書館がオープンしました。”. さいたま市 (2019年10月9日). 2019年10月22日閲覧。
  25. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104。
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939
  • 大宮市立博物館『写真でみる大宮の昔と今』大宮市教育委員会、1990年11月3日。全国書誌番号:94008958NCID BN05592682

関連項目[編集]