鬼塚忠久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鬼塚 忠久 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オニヅカ タダヒサ
ラテン文字 Oniduka Tadahisa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1955-07-03) 1955年7月3日(62歳)
出身地 滋賀県甲賀郡甲西町(現・湖南市
身長 169cm
体重 63kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-85 古河電工 145 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

鬼塚 忠久(おにづか ただひさ、1955年7月3日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはフォワード滋賀県甲賀郡甲西町(現・湖南市)出身。

略歴[編集]

滋賀県立甲賀高等学校時代、高校選手権インターハイ国体に出場。卒業後の1974年日本サッカーリーグ1部の古河電気工業サッカー部(現 ジェフユナイテッド市原・千葉)へ入部し、1年目からレギュラーの座を獲得。以後、ウインガーとして古河の黄金時代を支え、1982年シーズンにはアシスト王にも輝いた。サイドからのドリブル突破を持ち味としたが、得点能力も高かった。

引退後は解説者、サッカースクールのコーチなどを経て、2004年に古河時代のチームメイトだった前田秀樹が監督を務める水戸ホーリーホックの強化部長に就任。2008年まで務めた。

現在は、NPO法人・ライフネットスポーツクラブで、理事事務局長を務めている[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1974 古河 27 JSL1部 11 4
1975 10 1
1976 13 2
1977 14 2
1978 14 2
1979 12 1
1980 12 3 0
1981 15 3
1982 18 2
1983 14 0
1984 7 17 1
1985 4 1
通算 日本 JSL1部 145 19
総通算 145 19

出典[編集]

  1. ^ NPO活動 - 特定非営利活動法人 ライフネットスポーツクラブ. “スタッフ紹介”. 2015年7月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『古河電工サッカー部史』古河電工サッカー部史刊行委員会、2004年
  • サッカーマガジン』 1980年5月10日号 
  • 中日新聞』 2005年3月29日付朝刊滋賀総合版