鬼竜川光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鬼竜川 光雄 Sumo pictogram.svg
Kiryugawa 1958 Scan10005.JPG
鬼竜川(1958年頃)
基礎情報
四股名 鬼竜川 光雄 → 鬼龍川 光雄 → 鬼竜川 光雄 → 鬼竜山 光雄 → 鬼竜川 光雄 → 鬼龍川 光雄 → 鬼竜川 光雄 → 鬼龍川 光雄 → 鬼竜川 光雄
本名 今川 光雄
生年月日 1923年12月2日
没年月日 (2003-10-22) 2003年10月22日(79歳没)
出身 青森県三戸郡倉石村(現在の五戸町
身長 177㎝
体重 73㎏
BMI 23.3
所属部屋 時津風部屋(入門時は粂川部屋
得意技 右四つ、下手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭6枚目
生涯戦歴 437勝434敗28休(72場所)
幕内戦歴 121勝145敗11休(19場所)
優勝 十両優勝1回
データ
初土俵 1939年1月場所
入幕 1947年11月場所
引退 1961年1月場所
引退後 年寄・勝ノ浦
備考
2019年7月26日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

鬼竜川 光雄(きりゅうがわ みつお、本名:今川 光雄(いまがわ みつお)、1923年12月2日-2003年10月22日)は、1940年代から1950年代にかけて活躍した青森県三戸郡倉石村(※現役当時。現・同郡五戸町)出身の大相撲力士である。時津風部屋(入門時は粂川部屋)に所属していた。得意手は右四つ、下手投げ。最高位は西前頭6枚目(1959年5月場所)。現役時代の体格は177cm、73kg[1]

来歴・人物[編集]

1938年暮れに上京し、同郷の8代粂川、大関鏡岩が率いる粂川部屋へ入門(ちなみに、鬼竜山雷八(7代粂川)とは縁戚関係にあった)。1939年1月場所にて、15歳で初土俵を踏んだ[1]

序ノ口に付いた時より「鬼竜川」の四股名で相撲を取ったが、2場所だけ「川」を「山」に変えて、「鬼竜山」と名乗っていた事もある。

1942年、横綱・双葉山が「双葉山道場」を開いた事に伴い粂川部屋の全力士が同道場に移籍して、同部屋は閉鎖された。そのため、同年より所属も「双葉山道場」に変更となった(双葉山の引退、年寄・時津風襲名後は、「時津風部屋」へと所属が変わっている)。

体重80kgに満たない小兵であったが、美男力士として人気を博した。腕っ節が強く、それを生かした右四つからの下手投げを得意とした。相撲甚句の名手としても知られた[1]

序ノ口から約8年をかけて新入幕と順調に出世したが、幕内2場所目の1948年5月場所(当時の四股名は「鬼竜山」)で鼻骨骨折と内臓の病により休場を余儀なくされると、その後遺症からか一時幕下まで番付を落としてしまった。

しかしそれらの不運を跳ね除けて頑張り、1954年3月場所では19場所かけて6年ぶりの入幕を果たしている[1]

1958年からは幕内に定着し、1959年3月場所と翌5月場所では、前頭1桁台で相撲を取るまでに出世を遂げた。この時既に35歳となっており、その後も1960年9月場所まで関取の地位を保つなど、永く活躍した[1]

現役晩年には流石に体力・気力も衰え、幕下25枚目まで陥落して初日から休場した1961年1月場所を以って、37歳で引退した。序ノ口に付いてから約21年、現役力士として務めた場所数は、計72場所であった[1]

引退後は年寄・勝ノ浦を襲名し、時津風部屋付きの親方として後輩達を指導。1988年12月に停年を迎えるまで、日本相撲協会に在籍した[1]

2003年10月22日、大腸癌のため東京都墨田区内の病院で逝去。享年79。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:437勝434敗28休 勝率.502
  • 幕内成績:121勝145敗11休 勝率.455
  • 現役在位:72場所
  • 幕内在位:19場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1954年1月場所)

場所別成績[編集]

鬼竜川 光雄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1939年
(昭和14年)
(前相撲) x (前相撲) x x x
1940年
(昭和15年)
西序ノ口21枚目
5–3 
x 東序二段47枚目
5–3 
x x x
1941年
(昭和16年)
東序二段12枚目
7–1 
x 東三段目20枚目
5–3 
x x x
1942年
(昭和17年)
東幕下50枚目
6–2 
x 西幕下12枚目
4–4 
x x x
1943年
(昭和18年)
西幕下8枚目
5–3 
x 西幕下2枚目
4–4 
x x x
1944年
(昭和19年)
西幕下2枚目
6–2 
x 東十両7枚目
3–4–3 
x x 西十両10枚目
 
1945年
(昭和20年)
x x 西十両
0–1 
x x 東十両
5–5 
1946年
(昭和21年)
x x x x x 西十両9枚目
8–5 
1947年
(昭和22年)
x x 西十両筆頭
6–4 
x x 東前頭16枚目
5–6 
1948年
(昭和23年)
x x 西前頭18枚目
0–0–11[2] 
x 西十両7枚目
0–0–11 
x
1949年
(昭和24年)
西幕下3枚目
6–6–1 
x 西十両16枚目
9–6 
x 西十両9枚目
5–10 
x
1950年
(昭和25年)
西十両15枚目
8–7 
x 東十両8枚目
9–6 
x 西十両5枚目
8–7 
x
1951年
(昭和26年)
東十両4枚目
1–14 
x 東十両16枚目
6–9 
x 西幕下筆頭
6–9 
x
1952年
(昭和27年)
東幕下5枚目
10–5 
x 西十両16枚目
8–7 
x 西十両13枚目
11–4 
x
1953年
(昭和28年)
西張出十両5枚目
10–5 
西十両2枚目
8–7 
東十両筆頭
5–10 
x 東十両6枚目
8–7 
x
1954年
(昭和29年)
東十両5枚目
優勝
13–2
西前頭17枚目
6–9 
西前頭19枚目
7–8 
x 東前頭20枚目
6–9 
x
1955年
(昭和30年)
西十両2枚目
7–8 
西十両3枚目
7–8 
東十両4枚目
8–7 
x 東十両3枚目
6–9 
x
1956年
(昭和31年)
西十両6枚目
6–9 
東十両11枚目
10–5 
西十両6枚目
7–8 
x 西十両8枚目
7–8 
x
1957年
(昭和32年)
西十両9枚目
8–7 
西十両8枚目
11–4 
西十両2枚目
9–6 
x 東前頭21枚目
5–10 
西十両筆頭
9–6 
1958年
(昭和33年)
西前頭18枚目
7–8 
西前頭19枚目
7–8 
東前頭20枚目
11–4 
西前頭12枚目
6–9 
東前頭15枚目
9–6 
西前頭12枚目
8–7 
1959年
(昭和34年)
西前頭11枚目
9–6 
東前頭7枚目
8–7 
西前頭6枚目
3–12 
西前頭13枚目
6–9 
東前頭15枚目
6–9 
西前頭16枚目
7–8 
1960年
(昭和35年)
西前頭16枚目
5–10 
東十両4枚目
7–8 
東十両5枚目
5–10 
西十両11枚目
5–10 
西十両14枚目
4–11 
西幕下3枚目
休場
0–0–8
1961年
(昭和36年)
西幕下25枚目
引退
0–0–8
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 鬼竜川 光雄(きりゅうがわ みつお、1940年1月場所-1947年11月場所)
  • 鬼竜山 光雄(きりゅうやま -、1948年5月場所-同年10月場所)
  • 鬼竜川 光雄(きりゅうがわ -、1949年1月場所-1961年1月場所)

年寄変遷[編集]

  • 勝ノ浦 光雄(かつのうら みつお、1961年1月-1988年12月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p25
  2. ^ 鼻骨負傷・内臓疾患により初日から全休

関連項目[編集]