魂刀流志伎会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

魂刀流志伎会(こんとうりゅうしきかい)とは、日本唯一の義足の立師戸沼智貴が代表を務める剣術道場である。関東地方を中心に各地に道場をもつ。

概要[編集]

《剣を通して、豊かな人生を育む》をテーマに、俳優やアーティストを対象とした本格的な道場のほかにも、立ち回りの剣術道場では珍しく、各地の教育委員会や地域の総合型スポーツクラブ等と連携して「子供の健全育成」「地域コミュニケーション」「健康増進」を目的とした道場を開いている。有志の会員で構成されるパフォーマンスチーム『エスルアハイフン』も併せもつ。

エスルアハイフン[編集]

魂刀流志伎会で学ぶ有志が、剣術棒術、アクロバット、鎌術、舞踊、演技、歌などで作品を構成しパフォーマンスする集団。エスルアハイフンの「ハイフン」には「繋げる」という意味があり、パフォーマンスによっていろいろなものを紡いでいくことをテーマとしているチームである。現在、【ESULA-R】【ESULA-B】【ESULA-L】の3チームがある。