魏光トウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「魏光」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
魏光燾
Wei Guangtao.jpg
プロフィール
出生: 1837年
死去: 1915年
出身地: 湖南省隆回県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 魏光燾
簡体字 魏光焘
拼音 Wèi Guāngtāo
和名表記: ぎ こうとう
発音転記: ウェイ グアンタオ
テンプレートを表示

魏 光燾(ぎ こうとう)は清末の政治家。別名は午庄、字は光邴、号は湖山老人

1856年湘軍に入り、江西省広西省浙江省福建省などで太平天国軍と戦った。1868年より左宗棠に従って、陝西省甘粛省回民蜂起軍と戦った。さらに左宗棠がヤクブ・ベクの乱鎮圧に向かうと、これに従い軍事と政治の両面で支えた。ヤクブ・ベクの乱の平定後に新疆省が設置されると初代の新疆布政使に任命された。

その後、陝西巡撫陝甘総督雲貴総督両江総督南洋大臣、総理各国事物大臣の職を歴任した。両江総督の在任中には劉坤一張之洞の後を継いで三江師範学堂(現在の南京大学)を開校させた。1905年に引退し郷里に帰った。辛亥革命発生後に湖広総督に起用されたが就任しなかった。

著書には『勘定新疆記』『湖山老人自述』がある。

 
先代:
劉錦棠
新疆巡撫
1889年 - 1891年
次代:
陶模
先代:
張汝梅
陝西巡撫
1896年 - 1899年
次代:
李有棻
先代:
陶模
陝甘総督
1899年 - 1900年
次代:
崧蕃
先代:
崧蕃
雲貴総督
1900年 - 1902年
次代:
丁振鐸
先代:
張之洞
両江総督
1903年 - 1904年
次代:
李興鋭
先代:
李興鋭
閩浙総督
1904年 - 1905年
次代:
升允
先代:
袁世凱
湖広総督
1911年
次代:
段祺瑞