魏忠賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

魏忠賢(ぎちゅうけん、1568年2月27日隆慶2年1月30日) - 1627年12月11日天啓7年11月4日))は、中国、明朝宦官。皇帝を傀儡にして実権を握り恐怖政治を敷いた最も悪辣な宦官の権力者であり、すでに危機的状況にあった明の滅亡を加速させた。

生涯[編集]

北直隷粛寧県(今の河北省粛寧県)の出身。本名李進忠。貧農の家庭に生まれ、無頼の生活を送り、ある日、博打の負けで嬲り者にされ衝動的に自ら去勢、一念発起して宦官となる。皇子の朱由校の生母の食事係となり、手先が器用で媚びへつらいがうまい彼は後宮で勢力のある魏朝に目をかけられ、名も魏忠賢と改名する。その引き立てで闇の宦官内閣のトップである王安に接近し、気に入られて皇子の食事を整える係となった。そして皇子が特別の感情を持っている乳母の客氏の愛人になり後宮の実力者になる。

1620年万暦帝が死去し、同年に父の泰昌帝を経て朱由校が天啓帝として即位すると、同じく客氏と愛人関係にある魏朝と三角関係で対立しかけたが、王安に仲裁されて魏朝が退くことで決着がつき、二人はあえて夫婦になった。しかし魏忠賢は魏朝と王安を邪魔者と見なして殺し、皇帝の批答の代理を行うきわめて高い地位を得た。趣味の木工細工に熱中し、政務に関心を持たない天啓帝に代わって政務を壟断し、朝廷のことは大小にかかわらず決裁した。出世や栄達を目論む者はなびき、批判的な者に対しては摘発して拷問、殺害した。

当時、東林派(清議派)と非東林派が争っていたが、魏忠賢が首領となった非東林派は、王安が迎えた東林派の閣僚を投獄し、各地の書院を取り潰した。1623年には秘密警察である東廠の長官となる。翌1624年に左副都御史の楊漣らが24の罪状で魏忠賢を弾劾すると、東林党らの大弾圧を指揮する。魏忠賢は東林党を弾圧する事で政界の表舞台に躍り出た。現実の政治に合わない理想論を掲げ、閣僚達を攻撃する東林党に対する閣僚達の憎しみは強く、魏忠賢による弾圧を喝采したが、すぐにそれを大きく後悔する事になった。魏忠賢の弾圧は東林党に限らなかったのである。全国にスパイを放ち、少しでも悪口を言った者をどんな瑣末でも捕え、生皮を剥ぐなどして処刑し庶民を締め上げ、官僚たちも保身を図って唯々諾々と同調した。

魏忠賢は権勢を完全に掌握しただけでは飽き足らず、最後には自分の息のかかった者に「魏忠賢の功績は多大であるから、孔子と並んで称えるべきだ」と進言させた。尭天舜徳至聖至神(ぎょうてんしゅんとくしせいししん)と名乗り、に匹敵する聖人であると自らを称えさせ、さらに民衆に対して「九千歳」と唱和させ(「万歳」は皇帝にしか使えないため、千歳減らした。後には九千九百歳まで格上げした)、各地に自らの像を収めた祠を作らせるほどの権勢を誇った。そしてこれらに反対する者は全て弾圧、処刑した。

この時期には満州のヌルハチ後金を建国して、東北に勢力を拡大していた。その時に明の頂点に立っていたのは賄賂を好む魏忠賢であったので、たとえ後金相手に負けたとしても賄賂を贈る事で勝ったとごまかす事が出来た。そのためにヌルハチの勢力は抑えられないものになっていった

1626年には西湖の湖畔に生祠を築造させる。1627年天啓帝が死去し、弟の崇禎帝が即位すると罪を糾弾され、鳳陽へ左遷される途中に逮捕の報を聞き、阜城で仲間の李朝欽と共に首を吊って自殺した。遺体は磔にされ、首は晒し者にされた。さらに、彼の一族と客氏も処刑され莫大な全財産は没収、部下たちは殺害、追放された。

逸話[編集]

  • 無教養で文盲だったが機転が利き、媚びへつらいがうまかった。驚異的な記憶力の持ち主で宮廷の法律や前例をことごとく暗記し敵たちの顔、名前、過去の行為を調べ上げ、僅かな隙を見逃さず口八丁の舌先三寸で強引に重い罰をくだした。また恨みは決して忘れず復讐した。
  • その生活は豪奢で自分の身を守るために宮廷の3千人の宦官たちを武装させ宮中で軍事訓練をした。彼は宮中で馬を乗り回し皇帝の前ですら下馬も拝礼もしなかった。
  • 政治の決裁は、皇帝が木工遊びに熱中している隙に申し出て承諾を得ていた。
  • 外出するときは、前方を衛士の隊伍が道を清め、あとは数万人の人馬がお供としてつづき、道を挟んだ民には土下座させ「九千歳」と叫ばせた。
  • 酒場で酒に酔った男が、友人が止めるのも聞かずに魏忠賢の悪口を叫んだ時は、友人と共に自身の前に引き出させると、友人の目の前で男の皮を剥ぎ取った。なお、恐怖で震え上がった友人には大金を渡してそのまま帰したという。