魏鳳和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
魏鳳和
Wei Fenghe 2018.jpg
プロフィール
出生: 1954年
出身地: 中華人民共和国の旗 中国山東省聊城市茌平県温陳郷
職業: 軍人
各種表記
繁体字 魏鳳和
簡体字 魏凤和
拼音 Wèi Fēnghé
和名表記: ぎ ほうわ
発音転記: ウェイ フォンホー
テンプレートを表示

魏 鳳和(ぎ ほうか、1954年 - )は中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍副総参謀長、第二砲兵部隊司令員、ロケット軍司令員を歴任。中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、国家中央軍事委員会委員、国防部部長を務める。階級は上将。

経歴[編集]

1954年山東省に生まれる。1968年9月、中国人民解放軍に入隊。第二砲兵指揮学院で学ぶ。

2001年、第二砲兵部隊第54基地参謀長に任命。2002年1月、総装備部副部長に任命。

2002年12月、第二砲兵部隊第53基地司令員に任命。2003年、少将に昇格。

2005年、第二砲兵部隊副参謀長となり、2006年に第二砲兵部隊参謀長に任命。

2007年10月21日、中国共産党第17回党大会において党中央委員会候補委員に選出される[1]。2008年、中将に昇格。

2010年12月、副総参謀長に栄転となる。戦略ミサイル部隊を扱う第二砲兵部隊からの副総参謀長就任は前例ない事であった[2]

2012年10月、第二砲兵部隊司令員に任命。11月14日に中国共産党第18回党大会において党中央委員に選出され[3]、翌11月15日の共産党第18期1中全会において党中央軍事委員会委員に選出された[4]。11月23日、上将に昇格[5]2013年3月15日、第12期全国人民代表大会第1回会議において中華人民共和国中央軍事委員会委員に選出された[6]

2015年12月31日、第二砲兵部隊が改編されロケット軍が新設されると、引き続きロケット軍司令員に任命された[7][8]

2017年9月、ロケット軍司令員職を副司令員の周亜寧と交代[9][10]。2018年3月18日、第13期全国人民代表大会第1回会議において国家中央軍事委員会委員に再選[11]。翌3月19日、同会議において国務委員兼国防部部長に任命された[12]

2018年6月、中国の国防相では8年ぶりにアジア安全保障会議に出席し、米中貿易戦争に関して「米国が対話を望むならドアは開いている。米国が戦いたいなら戦う用意はできてる」と演説した[13][14]。なお、台湾が独立すれば「全犠牲を払っても戦争も厭わない」とも述べた[15]。また、六四天安門事件にも「騒乱を治めるために正しい対応をした。中国は安定と発展を享受している」と異例の言及を行った[16]

脚注[編集]

  1. ^ 中国共産党第十七届中央委員会候補委員名単」『新華網』 2007年10月21日 (中国語)
  2. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/110112/chn11011200240000-n1.htm
  3. ^ 中国共産党第十八届中央委員会委員名単」『新華網』2012年11月14日 (中国語)
  4. ^ 中国共産党第十八届中央委員会第一次全体会議公報」『新華網』2012年11月15日 (中国語)
  5. ^ 中国ミサイル部隊トップ、上将に昇格」『日本経済新聞』2012年11月24日
  6. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(第四号) (中国語)
  7. ^ 陸軍領導機構火箭軍戦略支援部隊成立大会在京挙行」『人民網』 2016年01月02日 (中国語)
  8. ^ 習氏、軍の組織掌握へ布石人事 中国で改革始動」『日本経済新聞』 2016年01月02日
  9. ^ https://www.asahi.com/articles/ASK9J5DW5K9JUHBI00V.html
  10. ^ http://www.sankei.com/politics/news/170917/plt1709170004-n1.html
  11. ^ http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/2018-03/19/content_2051309.htm
  12. ^ http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/2018-03/20/content_2051760.htm
  13. ^ 「米国が戦い望むなら受けて立つ」 貿易問題で中国国防相 アジア安保会議”. AFPBB (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  14. ^ 中国国防相、米国との貿易協議の扉開いている-摩擦戦う用意”. ブルームバーグ (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  15. ^ 米との貿易摩擦「戦う準備できている」 中国国防相”. 日本経済新聞 (2019年6月2日). 2019年6月3日閲覧。
  16. ^ 天安門事件の鎮圧は「正しい」と中国国防相 30周年を前に異例の言及”. BBC (2019年6月2日). 2019年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国
先代:
常万全
国防部部長
2018年 -
次代:
(現職)
People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
第二砲兵部隊から改組
ロケット軍司令員
2015年 - 2017年
次代:
周亜寧
先代:
靖志遠
第二砲兵部隊司令員
2012年 - 2015年
次代:
ロケット軍へ改組