魔法のiらんど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
KADOKAWA > 魔法のiらんど
魔法のiらんど
URL https://maho.jp/
使用言語 日本語
タイプ ホームページ作成サイト
小説サイト
運営者 株式会社KADOKAWA / 株式会社はてな
設立者 株式会社ティー・オー・エス
収益 広告収入
株主 KADOKAWA
営利性 営利
設立日 1999年
ライセンス
© KADOKAWA CORPORATION
株式会社魔法のiらんど
種類 株式会社
本社所在地 102-0076
東京都千代田区五番町6番地2
設立 1989年4月
業種 情報・通信業
事業内容 ホームページの企画・開発・運営
代表者 谷井玲(代表取締役
資本金 4億1540万円(2010年3月31日時点)
純利益 △2億5685万8000円(2010年3月期)
純資産 △3800万3000円(2010年3月31日時点)
総資産 3億7619万9000円
(2010年3月31日時点)
従業員数 53人(2006年4月時点)
決算期 3月末日
主要株主 アスキー・メディアワークス 99.8%
(2010年3月31日時点)
外部リンク https://maho.jp/
特記事項:2011年1月1日にアスキー・メディアワークスが吸収合併し解散
テンプレートを表示

魔法のiらんど(まほうのあいらんど)は、KADOKAWA アスキー・メディアワークス(AMW)の社内ブランド及び同社が運営している小説投稿サイト。システム開発ははてなが担当している。過去には小説投稿以外のサービスも提供していた。

沿革[編集]

  • 1989年 - 株式会社ティー・オー・エス (TOS) 設立。
  • 1999年 - 無料ホームページ作成サービス「魔法のiらんど」をリリース。当時はiモードとインターネット向けであった。
  • 2001年 - iモード向け着メロ配信サイト「魔法のメロらんど」開始。
  • 2003年 - ネット上の監視体制強化のために三重県の株式会社インテグラルを子会社化。
  • 2004年 - マイクロソフトと提携し、MSNスペース(現 Windows Live スペース)を開始。
  • 2006年
  • 2007年
    • 1月 - 子会社の株式会社ティー・オー・エスをNTTデータに売却し、NTTデータクイック(現合併存続法人 NTTデータビジネスシステムズ)と吸収合併[2]
    • 7月5日ごろ - 「魔法のiらんど」データサーバーへの不正アクセスに遭い、閲覧者がトロイの木馬に感染するよう改竄された。このため、7月8日午前10時より緊急メンテナンスが行われ、7月17日午後2時頃、約196時間ぶりにサービスを再開し、不正アプリケーションの配布が行われていたことを認める声明文を各ページに掲載した。
    • 10月25日 - 株式会社メディアワークスが魔法のiらんど文庫を創刊。
    • 11月3日 - 映画『恋空』公開。
  • 2008年12月 - アスミック・エース エンタテインメント株式会社と提携し、ビデオレーベル「魔法のiらんどDVD」からケータイドラマ『teddy bear』と『幼なじみ』をリリース。
  • 2010年3月4日 - 株式会社アスキー・メディアワークスが発行済み株式の70%(後に100%)を取得し、親会社となる。
  • 2011年1月1日 - 株式会社アスキー・メディアワークスに吸収合併され解散、同社のブランドとなる。
  • 2013年10月1日 - 株式会社アスキー・メディアワークスが株式会社KADOKAWAに吸収合併され、魔法のiらんどはKADOKAWAのブランドとなる。
  • 2020年
    • 3月15日 - ホームページ、ブログ、画像倉庫、アルバム、掲示板、プロフィール、編集局(メールマガジン)、投票アンケート、私書箱、禁止語句[3](魔法のiらんどNOVEL内での投稿に関する著者プロフィールとブログのサービスとは別)の更新停止。
    • 3月31日 - 3月15日に更新停止した機能の全てがサービス提供を終了、他に、フィーチャー・フォンでのサービス提供を終了[4][5]
    • 4月1日 - 小説投稿に特化したサービスとして大幅リニューアル[6]

サービス[編集]

「魔法のiらんど」はホームページ作成サービスとして、フィーチャー・フォン向けから始まり、パソコンスマートフォンでも利用可能だった。サイトでの小説の投稿・閲覧の機能は「BOOK」と呼ばれ、投稿から生まれた作品が書籍化されるようになってケータイ小説のニーズが高まると、サイト内で小説投稿用に「魔法の図書館」をオープンさせ[7][注 1]、名称変更で「魔法のiらんどNOVEL」として運営されていた。2020年4月1日のリニューアルによりホームページ作成サービスは終了し、「BOOK」機能と小説投稿の「魔法のiらんどNOVEL」は統合された。

終了したサービス
  • 写ぷり☆めんと - EZWeb向け画像コミュニティサービス[8]。魔法のカメらんどから名称変更。
  • 魔法のデコらんど - PC向けアバターコミュニティサービス[9]
  • 魔法ショップ - 携帯向けショッピングサイト
  • 魔法TV - 携帯電話向けのドラマ動画配信サービス[10]。配信作品は、ビデオレーベル「魔法のiらんどDVD」からリリースされている[11]
  • 魔法スクール - 進学情報サービス[12]
  • アイドルファーム - EZWeb向けアイドル応援サービス。
  • 魔法のiらんど(うた) - 着うた配信サービス。魔法のメロらんどから名称変更。
  • 魔法の洋楽 - 着うた配信サービス。
  • 魔法のアニメスタジオ - 着うた・ムービー配信サービス[13]
  • 魔法の図書館プラス[14] - 「魔法の図書館」のサービスを拡充した電子書籍サービス[15]
  • 魔法のiらんどゲーム - iモード向けゲームサイト[16]
  • チアらんど - 「魔法のiらんど」内チアリーディングコミュニティーサイト。チア情報満載。
  • 魔法のiらんどclub - メイクやファッション、エンタメなど興味のある活動に参加できる参加型会員サービス。
  • iクラBLOG - 魔法のiらんどclubメンバーズ向けサービス。
  • アイポリス - 「魔法のiらんど」内のHPの監視サービス。
  • 魔法のiらんどMAGAZINE - 女の子のための情報サイト。「魔法のiらんど」の小説投稿に特化させるためのリニューアルに伴い終了。
  • 魔法のiらんどNOVEL - 旧名「魔法の図書館」で小説投稿に重点を置いたサービス。「魔法のiらんど」の小説投稿に特化させるためのリニューアルにより統合。

出版[編集]

ケータイ小説の草分けとしても知られる。その昔、紙の書籍としても、100万部を越すヒット作を出したこともあった。書籍化された作品は、「魔法のiらんど」内の「魔法のiらんどNOVEL」で引き続き公開されている。

メディアワークスも『魔法のiらんど文庫』を2007年に刊行し、同社発の作品を紙の書籍として刊行していた出版社の1つであった。同年に魔法のiらんど大賞を創設している。

この分野(ケータイ小説)についての記録は、プロデューサーだった伊東寿朗(別名 伊東おんせん)が多く残している。

2007年1月に双葉社と月刊漫画雑誌『月刊 COMIC魔法のiらんど』[注 2]を創刊。2010年9月号休刊。単行本は「ジュールコミックス魔法のiらんど」レーベルから刊行。

双葉社とは別のコミカライズ媒体としてアスキー・メディアワークスから「魔法のiらんどコミックス」レーベルが2011年から刊行されている。

著名な投稿作[編集]

著作権規約[編集]

利用規約には、「一度投稿したコンテンツは、ユーザがそのコンテンツを削除した後も、また、利用目的を問わず、運営側が複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳及び翻案等を行うことができる」という規定がある。このため、魔法のiらんどに投稿した内容を後になって出版しようとした場合、ユーザの意図に反して運営側にコンテンツを販売されてしまう恐れがある。

また、この際、運営側に公開中止を要求するために費用を請求される可能性すらある。また、規約には著作者人格権不行使規定が含まれるため、運営側が投稿したコンテンツの内容を改変して公表した場合、ユーザはそれに対して一切対抗できなくするというものである。

しかしこれらの規定は、厳密には著作権の譲渡を意味せず、運営にとって都合の良いことを述べているだけであり、まったくの無意味である。著作権そのものは形の上でユーザ側に残るものの、実質的には企業名の著作物を個人が作成するときに結ばれる著作権譲渡規定と極めて近い。

こういった規定は、mixi2008年3月3日に提示し、プロの著述家やクリエイターを中心に、ユーザの激しい反対によって撤回に追い込まれた利用規約修正案と全く同じである。

システム開発からの撤退[編集]

元々は株式会社ティー・オー・エス (TOS) として設立され、コンピュータソフトウェアの開発会社であった。

「魔法のiらんど」(サービス)のヒットによりサービスをコンシューマ向けにシフトさせ、のちにこのサービス名を社名とする。一方、創業事業であるシステム開発・サービス事業は、TOSとして2006年に分社化され、同社から切り離された(同年中にNTTデータのグループ会社に吸収合併された)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍化されたケータイ小説の出版情報の他、続編、映像化情報、感想掲示板などの情報発信の他、ケータイ小説の書き方、著作権についてなどを指南したメニューコンテンツも用意されていた。
  2. ^ 『ジュールすてきな主婦たち』の増刊号として刊行。

出典[編集]

  1. ^ 株式会社魔法のiらんどとの業務・資本提携に関するお知らせ (PDF)”. ドワンゴ. 2018年8月26日閲覧。
  2. ^ 沿革 | NTTデータビジネスシステムズ
  3. ^ 魔法のiらんどの機能”. 魔法のiらんど. 2020年3月3日閲覧。
  4. ^ フィーチャーフォン向けサービスについて”. 魔法のiらんど. 2020年2月22日閲覧。
  5. ^ 「魔法のiらんど」、ホームページやブログ機能をきょう終了 小説投稿に特化したサイトに刷新”. ITメディア. 2020年4月2日閲覧。
  6. ^ リニューアルのお知らせTOP”. 魔法のiらんど. 2020年2月22日閲覧。
  7. ^ ケータイ小説を読んで書いて語れる総合サイト「魔法の図書館」グランドオープン (PDF)”. 株式会社ティー・オー・エス. 2006年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月3日閲覧。
  8. ^ au対応の画像中心のホームページ作成サービス「魔法のカメらんど」”. ITmedia. 2018年8月26日閲覧。
  9. ^ アバターと部屋を飾って新たな自己表現とコミュニケーションPC向けサービス「魔法のデコらんど」オープンβ版公開”. News2u. 2018年8月26日閲覧。
  10. ^ 魔法のiらんど、人気ケータイ小説の映像版を無料配信”. インプレス. 2018年8月26日閲覧。
  11. ^ 魔法のiらんどDVDteddy bear”. KADOKAWA. 2018年8月26日閲覧。
  12. ^ 魔法のiらんど、進学情報サービス「魔法スクール」ベータ版サービス開始”. CNET. 2018年8月26日閲覧。
  13. ^ KDDI au向け着うた(R)・ムービー配信サービス「魔法のアニメスタジオ」の提供開始”. News2u. 2018年8月26日閲覧。
  14. ^ ドワンゴ、iモード向けに電子書籍サイト「魔法の図書館plus」を提供”. ITmedia Mobile. 2020年11月8日閲覧。
  15. ^ 電子書籍サービス「魔法の図書館プラス」サービス終了のお知らせ”. KADOKAWA. 2018年8月26日閲覧。
  16. ^ 魔法のiらんど、ケータイ小説「S彼氏上々」をゲーム化”. インプレス. 2018年8月26日閲覧。

関連項目[編集]