魔笛 (2006年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
魔笛
The Magic Flute
監督 ケネス・ブラナー
脚本 エマヌエル・シカネーダー
スティーヴン・フライ
製作 ピエール=オリビエ・バルデ
イデアル・オディアンス
ピーター・ムーア財団
製作総指揮 スティーヴン・ライト 他
出演者 ジョセフ・カイザー
エイミー・カーソン
音楽

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (作曲)

ジェームズ・コンロン (指揮)
撮影 ロジャー・ランサー
編集 マイケル・パーカー
配給 日本の旗ショウゲート
公開 イタリアの旗 2006年9月8日VIFF
フランスの旗 2006年12月13日
日本の旗 2007年7月14日
イギリスの旗 2007年11月30日
上映時間 139分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

魔笛』(まてき、原題:The Magic Flute)は、2006年公開のフランスイギリスの合作映画である。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲のジングシュピールオペラ)『魔笛』を元に、エマヌエル・シカネーダーの原作台本をスティーヴン・フライが翻訳し、監督のケネス・ブラナーがフライと脚色した。第63回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映後、フランスで12月に劇場初公開され、日本では2007年7月に公開。

演出[編集]

オリジナルのオペラの舞台を、第一次世界大戦当時を想定した最前線付近に置き換え、夜の女王とザラストロとの対立を塹壕を挟んだ青い軍服の軍と赤い軍服の軍との対峙で現している。タミーノとパパゲーノは青軍の将校および兵として登場する。複葉機タンクが登場する中、『魔笛』全22曲のナンバー(英語)をオペラ歌手が歌い継ぐストーリーが展開される。CGを多用し、現代的な要素を加味したダイナミックなカメラワークで、舞台では描けない作品に仕上げると共に、ブラナーのそれまでの作品の要素を各所にちりばめた英国的な映画となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • ジョゼフ・カイザー - タミーノ(テノール
  • エイミー・カーソン - パミーナ(ソプラノ
  • ベン・デイヴィス - パパゲーノ(バリトン
  • シルヴィア・モイ - パパゲーナ(ソプラノ)
  • リューボフィ・ペトローヴァ[1] - 夜の女王(コロラトゥーラソプラノ)
  • ルネ・パーペ - ザラストロ(バス
  • トム・ランドル - モノスタトス(テノール)
  • テゥタ・コッコ - 第一の侍女(ソプラノ)
  • ルイーズ・カリナン - 第二の侍女(メゾソプラノ
  • キム=マリー・ウッドハウス - 第三の侍女(アルト
  • リズ・スミス - 老いたパパゲーナ(ソプラノ)

[編集]

  1. ^ リューボフ・ペトロヴァとも。

関連項目[編集]