魚ポコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
魚ポコ
ジャンル パズルゲーム
対応機種 アーケード[AC]
iアプリEZアプリS!アプリ
開発元 ケイブ
発売元 AC版…ジャレコ
携帯電話版…ケイブ
人数 1 - 2人(同時プレイ可能)
メディア 業務用基板、携帯電話
発売日 AC…1998年2月下旬
テンプレートを表示

魚ポコ』(うおポコ、英語名Uopoko 中国語名 魚木球)はケイブが開発し、1998年2月下旬に販売されたアーケードゲーム。アーケード版の総販売元はジャレコ。ケイブには珍しいパズルゲーム。2002年からは携帯電話用のゲームとしてもモバイルサイト「ゲーセン横丁」にて配信されている。

2005年に発売された『虫姫たま』の元になったゲーム。

概要[編集]

「落ちゲー」ならぬ「打ちゲー」。操作はジョイスティックの下方向のみと非常にシンプル。『パズルボブル』のように玉を発射し、同色の玉が3つ以上接触すると消える。玉の発射方法はレバーを下に入れっぱなしにすると時間に応じてバネが縮み、レバーを離すと玉が発射される。レバーを下に入力する時間が短ければ左側に落ち、レバーを下に入力する時間が長ければ右側に落ちる。なお、バネを縮めすぎた場合は、レバーを「ニュートラルを経由せずに」上に入力すれば戻すことができる。

初期状態で様々な玉が配置されており、全ての玉を消せばステージクリア。玉が画面の上まで積みあがってしまうとゲームオーバー。

『パズルボブル』とは逆に玉は下から上へと積んである。フィールドには重力があり玉同士が接触しても、下方向に転がり落ちるようになっているため、狙いが多少外れても玉が転がって上手く消えたり、予想外の連鎖が起こることがあったりと、パズルゲームにしては遊びの幅が広く取られている。

ピンチになると時々出現し、画面上を左から右へと横切る「潜水艦」に上手く玉をぶつけると極太のレーザーを発射し、下にある玉を一気に消してくれる。

玉の種類[編集]

丸いキレイな玉。同じ色の玉を3色以上隣接させると消える。全ての玉を消すことが目的。
殻玉
殻を被っていて、そのままでは消えないが、隣の玉が消えると普通の玉になる。
氷玉
青い四角の氷の塊。四角いが名前は玉。玉を直接ぶつけると消える。転がってきた玉に接触しただけでは消えない。
六角玉
六角形をしているのに名前は玉。何をやっても消えず邪魔。
同化玉
紫色で中が白く光っている玉。玉をぶつけると、全ての同化玉がぶつけた玉の色に変化する。
爆弾玉
真っ黒で「B」と書いてある玉。玉を直接ぶつけると爆発し、周囲の玉を消すことができる。

登場キャラクターとストーリー[編集]

魚太郎
「ウオタロウ」と読む。本作の主人公で1プレイヤー側のキャラクター。黄色地に茶色い模様がある猫で、その上グルメである。玉を引っ張っては投げる。
保子
「ポコ」と読む。魚太郎の妹で2プレイヤー側のキャラクター。ピンク色をした世にも珍しい猫である。こちらも玉を引っ張っては投げる。

この2匹の名前を合わせて「魚ポコ」である。

この2匹は竜宮城をめざすため、潜水艦にのって海底深くを目指す。しかし、この潜水艦は試作型なので酸素が足りない。海の中に突如として現れた大量の玉を消すと酸素が発生するので、これを消しながら先に進んで行く。

猫の魚太郎は『弾銃フィーバロン』の隠し自機としても登場し、現在はケイブ関連グッズのオンラインショップの「店長」の名前になっている。

シリーズ作品[編集]

魚ポコ(携帯電話アプリ版)
iモード版…2002年配信開始
EZアプリ版
S!アプリ版
グラフィックがシンプルになっているが、元々シンプルなゲームなので携帯電話でもゲーム性は変わらずプレイできる。全30面のオリジナルモードとクリアの概念が無いエンドレスモードがある。
魚ポコ2 今度は対戦ニャ!
iモード版…2003年配信開始
EZウェブ版…2005年8月4日配信開始
S!アプリ版
タイトル画面に「今度は対戦ニャ!」とあるように、CPUと対戦できる「フリー対戦」と2人での対人戦が行える「友達と対戦」がある。
魚ポコDX
iアプリ版…2005年配信開始
EZアプリ版
S!アプリ版
上位機種用のデラックス版。「オリジナル」、「エンドレス」、「二人で楽しむ」の3つのモードがある。BGMやデモ画面がついたり、グラフィックがよりアーケード版に近くなっている。
パズル! 虫姫たま
アーケード…2005年稼動開始
魚ポコのゲームシステムでシューティングゲーム虫姫さま』のキャラクターを使っている作品。基本ルールは同じだが、ボス戦などの独自要素が加えられている発展型。ロケテスト時は『虫ポコさま』という仮タイトルだった。