魚谷侑未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
魚谷 侑未
Yuumi Uotani 2020.jpg
2020年撮影
基本情報
出身地 新潟県柏崎市
生年月日 (1985-11-02) 1985年11月2日(35歳)
プロ入会 2008年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
初ドラフト 2018年/1巡目
2018- セガサミーフェニックス
テンプレートを表示

魚谷 侑未(うおたに ゆうみ、1985年11月2日[1] - )は、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士(25期・六段)[1][2]新潟県柏崎市出身[1]。血液型はB型[3]。趣味はゲーム乗馬[3]。 YouTubeチャンネル「ゆーみんちゃんねる」にて、バーチャルYouTuberとしても活動している。

人物・来歴[編集]

当初は騎手を志し、トレーニングも行っていたが[3]2008年麻雀を覚えてプロ雀士を志し、地元・柏崎市愛知県名古屋市フリー雀荘で働きながら技術を磨く[1]2009年日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としてデビュー[1]

2018年に行われたMリーグドラフト会議にて、セガサミーフェニックスから1位指名を受ける[4]

2021年1月16日に同じ日本プロ麻雀連盟に所属する宮澤太佑と入籍したことをTwitterにて発表[5]

Mリーグの戦績[編集]

2018年 ドラフト会議でセガサミーフェニックスから1位指名された[6]。チームメンバーは近藤誠一茅森早香。10月18日の第2試合で女流プロ第1号となる1勝目を挙げる。開幕前には男性プロと対等に戦えると宣言していたが不振から抜け出せず、個人スコアは全21選手中18位、チームも7チーム中6位でレギュラーシーズンを終えた。

2019年 チームメンバーは近藤誠一と茅森早香と和久津晶。9月30日のシーズン開幕戦で勝利を飾ると、その後も好調を維持。2月27日の第1試合で国士無双、3月3日の2回戦で四暗刻と、リーグ史上初の2週連続1シーズン2度目の役満をアガる[7]。個人としては個人スコア首位451.4pt、最高スコア9万4400点、10連続試合連対記録。レギュラーシーズンMVPと最高打点賞の2冠獲得。セガサミーフェニックスはレギュラーシーズン首位。チームのファイナルシリーズ進出の大きな原動力となった。

雀風[編集]

名前に「魚」が含まれていることに加え、鳴き仕掛けを多用する打ち筋から「最速マーメイド」とも呼ばれる[3][8]

運や流れといった要素よりも確率を重視するデジタル派雀士である[3]

得意な手役は「鳴き仕掛けでも満貫になりやすい」という理由で混一色(ホンイツ)。

獲得タイトル[編集]

  • 女流桜花:(第6期・7期)[1]
  • 女流モンド杯:(第10回・12回・18回)[1][9]
  • モンド王座決定戦 :(第9回・11回・12回)[1][9]
  • 日本オープン:1期 (第16期)[10]
  • 女流プロ麻雀日本シリーズ2018[11]
  • 王位:1期(第44期)
  • Mリーグ MVP:1回(2019シーズン)

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018[12] セガサミーフェニックス 27 ▲249.1 18/21 6110 16/21 0.67 17/21
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率
2019[13] セガサミーフェニックス 27 451.4 1/29 94,400 1/29 0.8148 5T/29
2020[14] 26 ▲179.3 23/30 41,600 29/30 0.8462 3T/30

※個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象

出演[編集]

著書[編集]

  • 『ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本』鉄人社、2016年5月23日。ISBN 978-4865370577。
    • 『改訂版 ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本』鉄人社、2020年10月1日。ISBN 978-4865371987。
  • 『麻雀が強くなるための心と技術 (近代麻雀戦術シリーズ)』竹書房、2019年10月2日。ISBN 978-4801920286。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本 - Amazon.co.jp、2018年4月30日閲覧
  2. ^ プロ雀士紹介(魚谷侑未) - 日本プロ麻雀連盟公式オンライン麻雀「ロン2」、2016年4月30日閲覧
  3. ^ a b c d e 魚谷侑未 最速マーメイドは実力派かわいい系雀士 - 麻雀豆腐、2016年4月30日閲覧
  4. ^ 魚谷侑未 - Twitter 2018年8月7日
  5. ^ 魚谷侑未 [@yuumi1102] (2021年1月16日). "私事で大変恐縮ですが、本日2021年1月16日に同団体の宮澤太佑さんと入籍致しました。" (ツイート). Twitterより2021年1月16日閲覧
  6. ^ 初代Mリーガー21名誕生” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2018年9月10日). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 「ウルッと来ちゃいました…」魚谷侑未、リーグ史上初1シーズン2度目の役満で個人トップに/麻雀・Mリーグ” (日本語). Abema 麻雀 TIMES. 2020年3月4日閲覧。
  8. ^ 竹書房近代麻雀』2019年4月号付録 麻雀プロ名鑑 8頁
  9. ^ a b モンド麻雀プロリーグ 大会成績&結果 - MONDO TV
  10. ^ 第16回日本オープン - 日本プロ麻雀協会公式サイト
  11. ^ 女流プロ麻雀日本シリーズ2018 - 日本プロ麻雀連盟公式サイト
  12. ^ 2018年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。
  13. ^ 2019年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  14. ^ Mリーグ公式サイト”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。