鮎貝盛次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鮎貝盛次
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 弘治元年(1555年
死没 寛永元年10月3日1624年11月13日
改名 宗重(初名)→盛次→日傾斎(号)
別名 通称:兵庫、安房
墓所 宮城県柴田郡堤邑の持明院
主君 伊達輝宗政宗
氏族 鮎貝氏
父母 父:鮎貝盛宗
兄弟 盛次、高玉茂兵衛、左近宗倶
忠旨(宗信)、宗益

鮎貝 盛次(あゆかい もりつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将伊達氏の家臣。家格は一家の第一席。出羽国置賜郡鮎貝城主。

生涯[編集]

弘治元年(1555年)、鮎貝盛宗の子として、出羽置賜郡下長井荘の鮎貝城[1][2]にて誕生。

天正2年(1574年)9月、芋川の敵を討取り、伊達輝宗に献上した。鮎貝城は最上氏との境に位置しており、鮎貝氏は伊達氏側の臣として家格は一家の上座にあった。天正12年(1584年)、輝宗が家督を政宗に譲り隠居した際、隠居城となる館山城が完成するまで、居城である鮎貝城に輝宗を迎えている。

天正15年(1587年)10月14日、長男・忠旨(宗信)が、最上義光の策で謀反を起こし鮎貝城に拠って兵を上げた。盛次は忠旨に説得を試みたが失敗、高玉城に帰還した盛次は政宗に討伐を要請する。政宗は湯目景康泉田重光、宮沢元実らの軍勢を差し向け、鮎貝城を攻撃した。忠旨は最上義光へ援軍を要請したが後援は来ず、忠旨は籠城を諦め夜半密かに城から脱出し、最上領へ逃亡した。鮎貝城に残存していた数百人は討ち取られた。その後、盛次は政宗より忠義の志を賞され、柴田郡堤邑の領地を下賜され、家督は次男・宗益が継承し、一家の上席に復した。

天正16年(1588年)1月5日、盛次は米沢城に登城し、政宗に新年の御礼を述べる。天正19年(1591年)、奥州再仕置きにより、政宗が岩出山へ移る際、盛次も従い、柴田郡堤邑に移った。

寛永元年(1624年)死去。享年70。

系譜[編集]

  • 父:鮎貝盛宗
  • 母:不詳
    • 弟:高玉茂兵衛
    • 弟:左近宗倶
  • 妻:不詳
    • 長男:鮎貝忠旨(宗信)(最上氏に通じ謀反を謀るが失敗。最上領に出奔する。妻は最上義光の姉)
    • 次男:鮎貝宗益(宗定)(鮎貝家を相続)

脚注[編集]

  1. ^ 現在の白鷹町鮎貝。
  2. ^ 現在は本丸跡に鮎貝八幡宮社殿がある。

出典[編集]

関連項目[編集]

登場作品[編集]