鮭延信道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鮭延 信道(さけのべ のぶみち、1878年明治11年)10月22日[1] - 1954年昭和29年)10月27日[2])は、日本外交官。駐チリ公使

経歴[編集]

東京府に田中貫一の二男として生まれ、鮭延良治の養子となった[1]1904年(明治37年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、外交官及領事官試験合格した[1][3]。領事官補、外務省参事官、大使館三等書記官イギリス大使館二等書記官、カルカッタ(現在のコルカタ総領事、大使館参事官、外務省大臣官房人事課長心得、駐チリ公使を歴任した[1][3]

1928年(昭和3年)に退官した後は国際連盟常設委任統治委員会日本委員を務めた[4]

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 第5版 1918.
  2. ^ 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、343頁。
  3. ^ a b 人事興信録 第7版 1925.
  4. ^ 大衆人事録 1937.
  5. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第7版』 人事興信所、1925年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第12版』 帝国秘密探偵社、1937年