鮮魚列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
近鉄の「鮮魚列車」
(2007年8月8日 松阪駅付近)

鮮魚列車(せんぎょれっしゃ)とは、近畿日本鉄道(近鉄)が運行していた行商のための団体専用列車行商専用列車)。鮮魚電車(せんぎょでんしゃ)とも。1963年から2020年まで57年に渡り運行され[1][2]伊勢湾海産物都市に届ける役割を果たした[3]

本項目では、その後継として2020年(令和2年)3月16日より運行開始した伊勢志摩お魚図鑑(行商人専用車両)についてもあわせて記述する。

概要[編集]

1950年代後半より、三重県から魚類伊勢たくあんなどを背負って近鉄に乗り、大阪で売りさばいた後、別の物資を仕入れて帰る行商人が出現した[4]1960年代になると大阪へ向かう魚の行商人はますます増加し[4]、近鉄では、魚介類を一般列車に持ち込むと魚臭など他の客の迷惑になる[注 1]ため、「伊勢志摩魚行商組合連合会」[6]のための専用車両・列車を仕立てることになり[7]1963年9月21日ダイヤ変更より、「鮮魚列車」として鮮魚行商のための団体専用列車の運行を開始した[6](駅ホームの案内や車両の表示は「鮮魚」「貸切」)[7]

伊勢志摩魚行商組合連合会はこの鮮魚列車が運行開始した1963年に結成されたもので[6]、会員は入会金・会費を払って入会した[7]。鮮魚列車利用時には乗車券(定期券)とともに近鉄から承認された会員証を所持し、鮮魚を運ぶための手回り品切符も必要であった[7]。会員は津市香良洲)、松阪市(猟師、松ヶ崎)、伊勢市(村松、有滝)、鳥羽市鳥羽)に分布し、猟師支部の会員が8 - 9割に上った[4]

車内へ積み込まれた魚介類を入れた箱(松阪駅、2007年8月8日)

連合会の会員以外の一般客は乗車することはできず[7]時刻表に掲載されていなかったことから「幻の電車」とも呼ばれていた[8]。車内には関係者数名を除いて、乗客はほとんど乗っていなかったが、伊勢志摩の新鮮な魚介類が入った発泡スチロール段ボールの箱などが積み込まれた。連合会の規約では、車内や座席を汚損しないように、魚介は「カン」と呼ばれるブリキの箱に入れることになっていたが、末期には発泡スチロールが使われるようになった[9]

早朝に宇治山田駅を出発して、およそ2時間半をかけて大阪へと向かい、夕方は大阪から松阪駅まで向かっていた[8]。なお、朝は鮮魚列車より早い時間に運行される始発列車を乗り継いで伊勢地方から大阪へ向かう会員もいた(この場合も指定された列車・車両に乗車した)[10]

2014年8月27日には、大阪上本町行きの鮮魚列車が伊賀神戸駅付近の踏切乗用車と衝突する事故が発生した[11]。鮮魚列車が同駅に停車するために速度を落としていたこともあり、列車・乗用車の乗客らに怪我はなく、名張駅まで乗客を乗せたまま自走した後に運休した[11]

停車駅[編集]

ファイル:Ressha at Haibara station.jpg
榛原駅に停車中の「鮮魚列車」(2680系電車、2006年6月13日)

1976年3月18日ダイヤ変更以前の急行の停車駅と同じであった。車両基地については、大阪では高安検車区(車両の所属も当区[12])、三重では明星検車区でそれぞれ待機していた[13]

停車駅:宇治山田駅 - 伊勢市駅 - 松阪駅 - 伊勢中川駅 - 榊原温泉口駅 - 伊賀神戸駅 - 桔梗が丘駅 - 名張駅 - 榛原駅 - 桜井駅 - 大和八木駅 - 大和高田駅 - 布施駅[注 2] - 鶴橋駅 - 大阪上本町駅[14]

会員の8 - 9割が松阪市猟師町と町平尾町の住民であったことから、松阪駅で乗降する行商人がほとんどであった[15]。会員の多くは終点の大阪上本町駅まで利用していたが、大和八木駅で乗り換えて近鉄奈良駅京都駅方面へ行く人[16]や、鶴橋駅で下車し、鶴橋の魚市場で他産地の魚介類を仕入れる人もいた[2]。行商人は大阪市内の商店街に店舗を構え、魚介類を販売する[17]

なお、特急快速急行などの通過待避のため[6]東青山駅河内国分駅などの待避可能な駅に停車することがあった。また五位堂駅などにも臨時停車する場合もあった。その場合は運転停車扱いで、ドアは開かなかった[14]

車両変遷[編集]

1481系(2代目鮮魚列車)
2610系(2611F)による代走(2015年6月17日 大阪上本町駅)

専用車両指定後を示す。初期には2200系初代1400系など一般車両やそれらを用途変更・改番した荷物電車が使用されていた[18][6]。1970年代後半から下記の初代車両が使用されるようになり、1983年に専用車両として改番された。

車両は2001年から下記の通り2680系が使用されており、専用車として赤茶色一色の塗装[注 3]がなされている。1481系までは「鮮魚列車」と行先を記載した行先標[注 4]を用いていたが[18]、2680系は方向幕を装備し、表示は単に「鮮 魚」となっていた[18][19]。また、同車の定期検査中は座席にビニールシートで養生を施した2610系ロングシート車が代走することもあった[6]。この場合は行先標を用いていた[20]

  1. 600系(2代目)[注 5](計6両改造・1983年(改番) - 1989年) - 吊り掛け駆動方式。下記カッコ内に各車両の改番歴を示す。
    • モ601(参急2200系デ2204→モ2204→事故復旧で車体新製しモ1421
    • モ602(元大阪線名古屋線特急車2250系モ2253)
    • モ603(元大阪線・名古屋線特急車2250系モ2257)
    • ク501(大軌1300系デボ1308→モ1308→事故復旧で車体新製しモ1321→電装解除によりク1321)
    • ク502(奈良電デハボ1350形デハボ1351→近鉄への合併でモ690形モ691→京都線橿原線特急車改装により683系モ683→電装解除によりク1322) - 本車両のみクロスシート
    • ク503(元大阪線・名古屋線特急車2250系ク3125)
  2. 1481系(1480系を専用車化改造・1989年3月[6] - 2001年11月11日[18]
  3. 2680系(2683Fを専用車化改造・2001年11月19日[6][21](または11月17日[18]) - 2020年3月13日
    • モ2684 - モ2683 - ク2782の3両編成1本。元はクロスシート車であったが、ロングシートに改造済[18]。末期にはク2782の方向幕が破損したため、2019年9月24日より代走列車で使用していた行先板を掲出するようになっていた[22]

運転終了までの経緯[編集]

近鉄以外の私鉄や国鉄で運行されていた行商専用列車も行商人の減少などで縮小し[2]2013年3月29日京成電鉄による「なっぱ電車」の廃止以降[8]、日本国内で運転されていた行商専用列車は近鉄のみとなっていた[1]

鮮魚列車は平日・土曜において朝に近鉄山田線近鉄大阪線の宇治山田駅 → 大阪上本町駅間、夕方に大阪上本町駅 → 松阪駅間で1本ずつ運行していた[2]2015年時点のダイヤでは、上りは宇治山田駅6時9分発 → 大阪上本町駅8時57分着、下りは大阪上本町駅17時15分発 → 松阪駅19時33分着[19]、2020年3月13日の運行終了直前のダイヤでは上りが宇治山田駅6時1分発 → 大阪上本町駅8時58分着であった[3]

全盛期は200人を超える利用客がおり[23]、車内は荷物であふれ返り、網棚に寝転がらなければならない乗客が出るほどであった[5]。しかし、自動車の普及や行商人の高齢化(後継者不足)などにより、2008年の時点で50名ほどに減少[23]2014年に20名[11]、廃止直前には数名にまで減っていた[2]。「伊勢志摩魚行商組合連合会」の会員も2009年現在115名で、2000年の239名に比べて半減している[24]。2014年時点では、近鉄の広報担当者は「社会貢献として走らせ続けたい」とコメントしていた[8]

前述の通り通常時は一般客は立ち入りできないが、運休日となる日曜・祝日に鮮魚列車の車両を用いた貸切ツアー列車が時折運行されていた。2014年11月22日23日の両日には、鮮魚列車の珍しさに注目した伊勢市・鳥羽市・志摩市の合同企画として、大阪上本町駅に停車させた列車内で伊勢志摩の特産品を販売する「伊勢・鳥羽・志摩うまいもん列車」という物産展が開かれた[25](ただし、このイベントで用いた列車は4両編成の通常の通勤形車両で、鮮魚列車ではなかった[25])。

自動車輸送への転換などによる利用客の減少や車両の老朽化を理由に、2020年3月13日を以て運転を終了し、同時に日本において貸切の行商専用列車の歴史に幕を閉じ[1]、鮮魚運搬の役割を後継の伊勢志摩お魚図鑑(後述)に譲り、5月16日に明星検車区から高安検車区へ廃車回送された[26]。最終運行日には、「さよなら鮮魚列車」と書かれた特別な行先板が掲出された[1]

伊勢志摩お魚図鑑[編集]

2410系 「伊勢志摩お魚図鑑」(先頭1両)

近鉄では、伊勢志摩の魚介類を車体に描いたラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」を導入し、2020年3月16日から平日の早朝に松阪駅から大阪上本町駅への一般列車の最後部に当該車両を1両つなぎ、鮮魚運搬列車として運行を開始した[27][28]

この先も、今後「伊勢志摩お魚図鑑」を活用したツアーやターミナルでの海の幸の直販を企画していく予定。

ラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」
  • 2410系2423F(1970年製[注 6]、モ2410形モ2423を専用車化改造・2020年3月16日 - )
    • 車体全体に伊勢志摩の海に生息する様々な魚介類を描き、伊勢志摩の代表的な海の幸である伊勢海老を始め、フグイワシマンボウなど43種類がリアルに描かれ、分かりやすいようそれぞれの名前もカナで記され[30]、当該車両として一般客の誤乗防止も兼ねている[29]
    • 乗降扉8箇所の内、4箇所は青いケースに隣接の上で締切とし、残る4箇所は一般客の誤乗防止を図るため、赤いベルトパーテーションを張り、行商人が乗降する際のみこれを外して乗降している[30]。ただし、つり革は残置、座席はロングシートで存置され、トイレ無しのため、必ずトイレ付き車両(5200系など)を大阪側に連結するようになっている[29]
    • ペアを組むク2510形ク2523は一般車両のままであり、一般客も利用可能となっている[28]
「伊勢志摩お魚図鑑」の運行

2020年3月16日以降の平日ダイヤ適用日に松阪駅6時44分発大阪上本町駅8時46分着の列車[注 7]の最後部に鮮魚運搬専用車として当該車両1両を連結して運行している。途中の停車駅では、一般客向けに当該車両には乗車できない旨案内されるため、一般客は利用不可能。

下りは鮮魚列車時代と異なり、朝時間帯となり、折り返し大阪上本町駅8時54分発松阪行きの快速急行となり先頭車として運行している[注 8]

鮮魚列車では、土曜日にも上り・下りともに運行され、宇治山田駅・伊勢市駅からも利用できたが、現状で両駅から利用する会員がいなくなり、新規の利用も見込めないため、始発が松阪駅に変更された[29]

「伊勢志摩お魚図鑑」登場 新旧鮮魚車両撮影会ツアーの中止

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、2020年3月3日に延期する旨をお知らせしていた、22日高安検車区青山町車庫で予定していた「伊勢志摩お魚図鑑」登場 新旧鮮魚車両撮影会ツアーは改正新型インフルエンザ等対策特別措置法32条に基づく緊急事態宣言の日本全国への拡大に伴い、4月16日に中止が決定した[31]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 車内で魚をさばいたり、魚のアラを列車の窓から投げ捨てたりする行商人がいたため、一般客との間でトラブルになることがしばしばあった[5]
  2. ^ 布施駅の停車については 山本 2015 p.44-45 参照。
  3. ^ 先頭部は一部白帯あり。1481系は車体側面にも白帯が巻かれていた[19]
  4. ^ 1970年代までは荷物列車を示す丸囲みの「荷」の表示であった。
  5. ^ 初代は奈良線系で運用していた小型車
  6. ^ 2410系は2680系より1年早い製造であるが、走行機器は製造当時の標準品が新造されており、B更新が行われた[29]。一方、2680系は走行機器が1958年製の10000系(初代ビスタカー)から流用されたことと、B更新が行われていないため、老朽化が著しく進行した。
  7. ^ 松阪駅から名張駅間は6両編成の急行列車として運転し、名張で4両編成を連結後、10両編成の快速急行として大阪上本町まで運転している[29]
  8. ^ なお、復路では当該車両(モ2423)のみ回送扱いとなり、松阪駅到着後は2両編成で明星車庫へ回送・入庫している[29]
出典
  1. ^ a b c d 永井義人 (2020年3月13日). “近鉄,鮮魚列車の運転終了”. 鉄道ニュース. 鉄道ファン. 2020年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e 佐藤諒 (2020年3月14日). “近鉄「鮮魚列車」半世紀の歴史に幕”. 日本経済新聞. 2020年3月14日閲覧。
  3. ^ a b "「鮮魚列車」半世紀歴史に幕 来月13日まで 大阪に伊勢湾の恵み"中日新聞2020年2月18日付朝刊、三社29ページ
  4. ^ a b c 山本 2012, p. 129.
  5. ^ a b 山本 2012, p. 135.
  6. ^ a b c d e f g h 徳田耕一『まるごと近鉄ぶらり沿線の旅 近畿日本鉄道』河出書房新社、2005年、P38 ISBN 4-309-22439-3
  7. ^ a b c d e 山本 2015, pp. 40-41.
  8. ^ a b c d 相坂穣"唯一の「鮮魚列車」人情満載 伊勢から行商 大阪通勤40年"中日新聞2014年7月5日付朝刊、夕刊1面1ページ
  9. ^ 山本 2015, p. 42.
  10. ^ 山本 2015, p. 27, 31, 42.
  11. ^ a b c "「鮮魚列車」と車が衝突 伊賀神戸駅付近の踏切 乗客20人らけがなし"中日新聞2014年8月28日付朝刊、伊賀版18ページ
  12. ^ 交友社鉄道ファン』2017年8月号付録 大手私鉄車両ファイル車両配置表 平成29年4月1日現在
  13. ^ 山本 2012, p. 131.
  14. ^ a b “「鮮魚列車」知られざる全貌…ドアの開閉わずか1秒、大阪へひた走る”. iza (産経デジタル). (2014年1月13日). http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140113/lif14011312170005-n3.html 2020年8月25日閲覧。 
  15. ^ 山本 2012, p. 129, 133.
  16. ^ 山本 2012, pp. 131-132.
  17. ^ 山本 2012, p. 136.
  18. ^ a b c d e f g 『鉄道ピクトリアル』No.727 p.184-185
  19. ^ a b c 山本 2015, pp. 44-45.
  20. ^ 近鉄「鮮魚列車」を一般車が代走railf.jp 2015年6月11日掲載
  21. ^ 山本 2015, pp. 46-47.
  22. ^ 岡根雅弘 (2019年9月26日). “近鉄鮮魚列車に行先系統板”. 鉄道ニュース. 鉄道ファン. 2020年3月14日閲覧。
  23. ^ a b 水産白書 > 平成20年度 水産白書 全文 > 平成20年度 水産の動向 > 第1部 平成20年度 水産の動向 > 第2章 平成19年度以降の我が国水産の動向 > 第2節 我が国水産業をめぐる動向 > (4)加工・流通業をめぐる動向 イ 水産物流通における動向 - 水産庁 2017年12月14日閲覧
  24. ^ 山本 2015, p. 48.
  25. ^ a b 相坂穣「美味な県特産 電車内で発信 近鉄・大阪上本町駅」中日新聞2014年11月23日付朝刊、三重版20ページ
  26. ^ 鉄道ピクトリアル2020年8月号 (電気車研究会): 115頁. (2020-06-22). ASIN B089TT2SVM. 
  27. ^ 伊勢志摩の魚介類がテーマのラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」を導入(3月3日更新)”. 近畿日本鉄道株式会社 (2020年2月18日). 2020年3月14日閲覧。
  28. ^ a b “鮮魚は続くよ…近鉄、専用車両運行”. 読売新聞 (読売新聞社). (2020年3月16日). https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20200316-OYO1T50010/ 2020年3月16日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f 「鉄道ファン」2020年6月号 P.53-55 交友社
  30. ^ a b “近鉄 ,2410系「伊勢志摩お魚図鑑」を報道陣に公開”. 鉄道ファン (交友社). (2020年3月14日). https://railf.jp/news/2020/03/14/210000.html 2020年3月15日閲覧。 
  31. ^ 「『伊勢志摩お魚図鑑』登場新旧鮮魚車両撮影会ツアー」の中止のお知らせ”. 近畿日本鉄道株式会社 (2020年4月16日). 2020年5月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 山本志乃「鉄道利用の魚行商に関する一考察―伊勢志摩地方における戦後のカンカン部隊と鮮魚列車を事例として―」『国立歴史民俗博物館研究報告』第167巻、国立歴史民俗博物館、2012年1月31日、 127-142頁、 NAID 120005748902
  • 山本志乃『行商列車 <カンカン部隊>を追いかけて』創元社、2015年。ISBN 4422230360。 - 同乗ルポと資料による詳細な歴史の説明がある。

関連文献[編集]