鯖折り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鯖折り(さばおり)とは、相撲決まり手の一つである。

概要[編集]

廻しを取って強く引き付け、上からのしかかるようにして相手の土俵に付かせる技。この技をかけられた場合、腰や膝に大きな負担がかかるため、小中学生等の大会では禁止される場合が多い。中学生時代の黒澤俊英(のちの巴富士)が花田勝(のちの若乃花勝)に大会で取り組んだ際にこの技を仕掛け、反則負けとなったエピソードもある。 巨漢力士として知られた元関脇出羽ヶ嶽文治郎や元小結大起男右エ門が得意とした。出羽ヶ嶽は1926年大正15年)5月場所で大関太刀光を鯖折りで破って負傷させ、太刀光はそれが原因でそのまま引退に追い込まれた。1986年昭和61年)5月場所8日目、当時関脇で大関昇進を目指していた小錦が、北尾との取り直しの末この技で敗れたが、その際両者のあわせて400kg以上の体重が小錦の右足の膝にのしかかり、耐え切れなかった右膝の骨が折れたために翌日から休場を余儀なくされ、またその後の小錦の土俵人生を大きく狂わせることとなった(北尾も2m級の巨漢力士であった)。

長身力士ならではの決まり手とされる一方、若秩父若浪若二瀬など、身長が低めの力士が怪力を活かし当決まり手を決めることもあった。

平成以降の幕内の取組では、旭天鵬1999年平成11年)5月場所14日目の大日ノ出戦、2001年5月場所4日目の海鵬戦と、2度決めた。

また、後に幕内となる荒鷲も、三段目時代の2004年(平成16年)3月場所9日目に当決まり手で勝利した。

裸体で脇を差し合うレスリングのグレコローマンスタイルや、総合格闘技では類似の技としてベアハッグが使用される。

語源[編集]

は「生き腐れ」といわれるほど傷みやすい魚なので、冷蔵技術のなかった時代には、鮮度を保つために釣り上げたその場で首を折って血抜きし、活け締めにされることが多かった。鯖折りの名称は、技を掛けられた力士がちょうどその首を折られた鯖のような姿になるところからついたとされる。