鯛屋貞柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鯛屋貞柳

鯛屋貞柳(たいや ていりゅう、承応3年(1654年) - 享保19年8月15日1734年9月12日))は江戸時代中期の狂歌師。姓は榎並、本名は永田良因、のち言因。通称は永田善八、別号に信乗・油煙斎・由縁斎・精雲洞・鳩杖子・助榮亭・長生亭・珍菓亭・圓菓亭がある。剃髪して貞柳と改めたという[1]。浄瑠璃作者の紀海音は弟。

生涯[編集]

大坂御堂前にあった鯛屋という屋号の菓子商の家に生まれる。父・榎並貞因は、談林派とも交流があり大坂俳壇に重きをなすほどの人物であった。歌学を松永貞徳、俳諧を安原貞室に、豊蔵坊信海・黒田月洞軒に狂歌を学ぶ。享保19年(1734年)8月15日死去。享年81。

辞世の狂歌に曰く、「百いても 同じ浮き世に同じ花 月はまんまる雪は白妙」[2]

作品集・編著[編集]

  • 『置みやげ』
  • 『家づと』
  • 『狂歌五十人一首』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永井如雲 『國文学名家肖像集』 博美社、1939年、"小伝"13p。
  2. ^ 永井如雲 『國文学名家肖像集』 博美社、1939年、"小伝"13p。