鰐河神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鰐河神社
所在地 香川県木田郡三木町大字下高岡1843番地
位置 北緯34度15分22.7秒
東経134度8分51.2秒
座標: 北緯34度15分22.7秒 東経134度8分51.2秒
主祭神 豊玉姫命・応神天皇
社格 式内小社・旧郷社
創建 不詳
本殿の様式 流造
別名 四条大宮
例祭 10月第1日曜日
地図
鰐河神社の位置(香川県内)
鰐河神社
鰐河神社
テンプレートを表示

鰐河神社(わにかわじんじゃ)は、香川県木田郡三木町にある神社讃岐国三木郡高岡郷の式内社和爾賀波神社の論社のひとつである。さぬき十五社の一つ。

同じく和爾賀波神社の論社の白山神社は、鰐河神社の境外末社という説がある。

祭神[編集]

概略[編集]

創建時期は不明。社伝によると、豊玉姫命がに乗って讃岐国山田郡潟元(屋島付近)に上陸し、鵜葺草葺不合尊をこの地で産む。その後に乗って川を遡り、この地に上陸したという。行基がこの地に創建したという。

延喜7年(907年)に八幡神を配祀し、高岡八幡とも称していた。また神仏習合により別当寺として応神寺が創建されている。

明治元年(1868年)の神仏分離で応神寺は廃止される。明治5年(1872年)鰐河神社に改称され郷社となる。

その他[編集]

  • 鰐河神社の獅子舞の獅子頭は、高さ63cm・幅90cm・長さ100cm。獅子舞油単を合わせると全長約13mになる。獅子舞は50人がかりで動かすという巨大なものであり、三木町指定文化財である。三木町獅子舞フェスタなどで見ることが可能。
  • さぬき市の願興寺の脱活乾漆聖観音坐像(国の重要文化財)は、鰐河神社の別当寺の応神寺の本尊という言い伝えがある。
  • 豊玉姫神が鰐に乗って遡った川は、後に鰐川となり、現在の新川と言われている。尚、近くにある和爾賀波神社(和尓賀波神社の論社)によると鰐川は鴨部川のことという。

交通[編集]