鳥人計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳥人計画』(ちょうじんけいかく)は、東野圭吾推理小説。単行本は新潮社から1989年に刊行された。のち1994年に新潮文庫版が、2003年に角川文庫版が刊行された。

あらすじ[編集]

和製ニッカネンとの異名を取った天才ジャンパーが毒殺された。不振が続く日本ジャンプ界にあって、彼、楡井明だけは世界の頂点をも窺える強さを持っていた。そんな彼がなぜ―。

捜査は難航を極めたが、1通の「密告状」から活路を見出す。そして警察は、この上もなく「意外な」人物を逮捕した。周囲は驚きの色を隠せない。容疑者が、被害者の死で最も大きな痛手を受ける筈の人間、楡井の専属コーチである峰岸だったからだ。完全犯罪を確信していた峰岸自身もまた、この予想外の展開に動揺を禁じ得ない。

捜査陣は、峰岸が黙して語らない「動機」の追求に、峰岸は、「密告者」の探索に全力を傾けるが、その行き先には更なる驚愕の真実が待っていた。

登場人物[編集]

峰岸貞男
ジャンプ競技のコーチ・原工業勤務
楡井明
和製ニッカネンの異名を取る天才ジャンパー・原工業労務課勤務
杉江夕子
幌南スポーツセンター勤務・楡井明の恋人
三好靖之
全日本チームの総監督
杉江泰介
日星自動車スキー部監督・杉江夕子の父親
杉江翔
ジャンパー・日星自動車スキー部所属・杉江泰介の息子
深町和雄
元ジャンパー・日星自動車勤務
島野悟郎
故人・元ジャンパー・元日星自動車従業員