鳥取県庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳥取県庁舎
Tottori Prefectural Government Building
鳥取県庁本庁舎(左)と講堂(右奥)
鳥取県庁本庁舎鳥取県庁第二庁舎
議会棟(左)と鳥取県庁第二庁舎(右)
情報
用途 行政庁舎
主構造物 本庁舎、講堂、議会棟、議会棟別館、第二庁舎
設計者 建設省営繕局(本庁舎、講堂、議会棟)、白兎建築事務所(議会棟別棟)
建築主 鳥取県
事業主体 鳥取県
管理運営 鳥取県
構造形式 鉄筋コンクリート構造(本庁舎)
建築面積 2,223(本庁舎) m²
延床面積 16,811(本庁舎) m²
階数 地上7階(本庁舎)
竣工 1962年(本庁舎)
改築 2011年(本庁舎)
所在地 680-8570
鳥取県鳥取市東町1丁目 220
位置 北緯35度30分13.9秒 東経134度14分15.6秒 / 北緯35.503861度 東経134.237667度 / 35.503861; 134.237667座標: 北緯35度30分13.9秒 東経134度14分15.6秒 / 北緯35.503861度 東経134.237667度 / 35.503861; 134.237667
テンプレートを表示

鳥取県庁舎(とっとりけんちょうしゃ)は鳥取県鳥取市東町にある広域自治体たる鳥取県の役所鳥取県庁)の本庁舎である。

概要[編集]

現庁舎は1962年(昭和37年)に9億7千万円の建設費をかけ、延床面積約2万3000平方メートルの地上7階、地下1階の本庁舎および講堂、議会棟をL字型配置して建設された。さらに1981年(昭和56年)議会棟別館が建設された。場所はJR鳥取駅から徒歩20分の鳥取市東町1丁目の若桜街道沿いで、周辺には鳥取地方裁判所鳥取県警本部鳥取県立図書館などがある。[1]

現存庁舎一覧[編集]

県庁前の交差点から見て正面に議会棟、左手に本庁舎、右手に第二庁舎、本庁舎と議会棟の間をつなぐ形で講堂、議会棟の後ろに議会棟別館が建っている。また第二庁舎の後ろには警察本部庁舎がある。

本庁舎[編集]

  • RC造:地下1階、地上7階、塔屋3階、延床面積 16,811m2[2]建築面積 2,223㎡[3]
  • 1962年(昭和37年)竣工
  • 2011年(平成23年)耐震改修竣工

知事室、元気づくり総本部、総務部、会計管理者、生活環境部、くらしの安心局、福祉保健部、子育て応援推進局、健康医療局、商工労働部、雇用人材局、地域振興部、観光交流局、県土整備部、農林水産部、鳥取農業戦略監、森林・林業振興局、水産振興局、市場開拓局、行財政改革局[4]

第二庁舎[編集]

  • SRC造 地下1階、地上9階、塔屋2層建て 延床面積 12,306m2[5]
  • 1975年(昭和50年)竣工[6]
  • 2003年(平成15年)第二庁舎の耐震改修工事完了[7]

監査委員、人事委員会、労働委員会、教育委員会、危機管理局、企業局、職員組合、県庁食堂[8]

講堂[編集]

  • RC造(一部SRC造)地下1階、地上2階 延床面積 1,369m2[2] 建築面積 648 ㎡[3]
  • 1962年(昭和37年)竣工[6]
  • 2011年(平成23年)耐震改修竣工

議会棟[編集]

  • RC造(一部SRC造)・地下1階、地上3階・延床面積 4,069m2[2] 建築面積 1,342㎡[3]
  • 1962年(昭和37年)竣工[6]
  • 2011年(平成23年)耐震改修竣工

病院局、県議会、総務部、会計局[9][10]

議会棟別館[編集]

  • RC造・地下1階、地上3階・延床面積 4,124m2[2] 建築面積 1,254㎡[3]
  • 1981年(昭和56年)竣工[6]
  • 2011年(平成23年)耐震改修竣工

委員会室、会議室、応接室、図書室、政党・会派控室、情報センター[9]

庭園[編集]

本庁舎、議場、議会棟に囲まれた位置と本庁舎前庭が庁舎の庭園となった。 本庁舎前庭には日本画家菅楯彦による題字を基にした石碑がある。[11]

  • 面積 約212坪(700平方メートル)
  • 庭園年代 昭和時代
  • 様式 枯山水
  • 工事 野口信一、京都造園所
  • 工事期間 昭和37年4月~昭和37年7月

警察本部庁舎[編集]

同敷地内にある鳥取県警察本部庁舎

鳥取県警察の本部庁舎が同じ敷地内に位置している。

〒680-8520 鳥取県鳥取市東町1丁目271番地[12]
  • SRC造(一部S造)地下1階、地上6階、塔屋1階、延床面積13,488㎡[13]
  • 2004年(平成16年) 完成[6]

警務部、生活安全部、刑事部、交通部、警備部、県民ホール、中国管区警察局鳥取県情報通信部[14]

略年表[編集]

1885年竣工の鳥取県庁舎
  • 1881年(明治14年)鳥取県が島根県から分立・再置される[6]鳥取県#歴史参照)
  • 1885年(明治18年)県庁を鳥取市東町に移転[6]
  • 1962年(昭和37年)本庁舎、講堂・議会棟 竣工[6]
  • 1975年(昭和50年)県庁第二庁舎 竣工[6]
  • 1981年(昭和56年)議会棟別館 竣工[15]
  • 2001年(平成13年)- 2003年(平成15年) 第二庁舎の耐震改修工事[7]
  • 2004年(平成16年)県警察本部庁舎 完成[6]
  • 2009年(平成21年)- 2011年(平成23年)本庁舎・講堂・議会棟・議会棟別館の耐震改修工事[15][2][16]
  • 2016年(平成28年)本庁舎・講堂・議会棟の耐震改修工事で公共建築賞行政施設部門優秀賞を受賞[17][18]

交通[編集]

JR鳥取駅前 鳥取駅バスターミナルから県庁・日赤前バス停下車

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥取県, 鳥取県庁舎耐震補強整備事業, 鳥取県, 2009.
  2. ^ a b c d e 県庁舎耐震補強工事の概要”. 鳥取県(営繕課). 2017年9月11日閲覧。
  3. ^ a b c d https://www.cgr.mlit.go.jp/ctc/tech_dev/kouryu/T-Space/ronbun/pdf/22_tottori/22_tottori_4-2.pdf
  4. ^ 本庁舎の案内”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  5. ^ 鳥取県広報 平成13年4月27日 第7276号”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 県政の主な出来事(明治以降) 年表”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  7. ^ a b 鳥取県総務部営繕課. “鳥取県県有施設中長期保全計画(知事部局主要施設)平成29年2月”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  8. ^ 第2庁舎の案内”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  9. ^ a b 議会棟・議会棟別館の案内”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  10. ^ アクセス・お問い合わせ”. 鳥取県議会. 2017年9月11日閲覧。
  11. ^ 『日本庭園史体系 現代の庭(4)』日本庭園史体系刊行会 社会思想社
  12. ^ 鳥取県警察”. 鳥取県警察本部. 2017年9月11日閲覧。
  13. ^ 鳥取県警察本部庁舎”. 前田建設. 2017年9月12日閲覧。
  14. ^ 警察本部庁舎の案内”. 鳥取県. 2017年9月11日閲覧。
  15. ^ a b 日建連 耐震改修事例集 鳥取県庁舎”. 日本建設業連合会. 2017年9月11日閲覧。
  16. ^ 県庁舎耐震補強工事に関するお知らせ”. 鳥取県(営繕課). 2017年9月11日閲覧。
  17. ^ 第15回公共建築賞の決定について”. 公共建築協会. 2017年9月11日閲覧。
  18. ^ 2016.06 「鳥取県庁舎」が公共建築賞優秀賞を受賞”. 大成建設設計本部. 2017年9月11日閲覧。