鳥取県道189号高路古海線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
鳥取県道189号標識

鳥取県道189号高路古海線(とっとりけんどう189ごう こうろふるみせん)は、鳥取県鳥取市高路から同市緑ケ丘1丁目に至る一般県道である。

概要[編集]

終点が鳥取市緑ケ丘1丁目になったのは、鳥取市による2001年(平成13年)2月12日付での住居表示実施に伴って町域分割・改称が行われたためである[1]

路線データ[編集]

  • 起点:鳥取県鳥取市高路
  • 終点:鳥取県鳥取市緑ケ丘1丁目・千代橋西詰交差点(鳥取県道41号鳥取港線本線・支線(鳥取市道古海高住線方面)交点)

沿革[編集]

  • 1995年平成7年)3月31日 - 鳥取県告示第307号により、鳥取市古海・古海北交差点 - 同・鳥取大正郵便局交差点間 (333m) が鳥取市に移管され、鳥取市道に移行した。これに伴い、路線が短縮され、終点が鳥取市古海・古海北交差点に変更された[2]
  • 1999年(平成11年)3月31日 - 鳥取県告示第230・232・234号により、鳥取県道41号鳥取港線のうち鳥取市古海・千代大橋西詰交差点 - 同・千代橋西詰交差点間を当路線に編入し、鳥取市古海・古海北交差点 - 同・千代大橋西詰交差点間は鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線との重用区間なった。これに伴い、路線が延長され、終点が鳥取市古海・千代橋西詰交差点に変更された[3]
  • 2001年(平成13年)2月12日 - 2月9日付鳥取県告示第50号により、住居表示実施に伴って町域分割・改称が行われ、終点の地名表記が変更された。

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 鳥取市道野寺北村線(鳥取市北村)
  • 国道29号国道53号別線・国道373号別線重複)(鳥取市古海・古海交差点)
  • 鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線(鳥取市古海・古海北交差点)
  • 鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線・鳥取県道42号鳥取河原線(鳥取市古海・千代大橋西詰交差点)
  • 鳥取県道41号鳥取港線本線・支線(鳥取市道古海高住線方面)(鳥取市緑ヶ丘1丁目・千代橋西詰交差点)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町の区域の変更等(平成13年2月9日鳥取県告示第50号) (PDF)”, 鳥取県公報 第7254号: 1-5, (2001年2月9日) 
  2. ^ 平成5年3月31日付鳥取県公報号外第31号 (pdf)”. 鳥取県 (1995年3月31日). 2016年4月1日閲覧。
  3. ^ 平成11年3月31日付鳥取県公報号外第25号 (pdf)”. 鳥取県 (1999年3月31日). 2016年4月1日閲覧。

関連項目[編集]