鳥取県道291号鳥取国府線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
鳥取県道291号標識

鳥取県道291号鳥取国府線(とっとりけんどう291ごう とっとりこくふせん)は鳥取県鳥取市内を通る一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1994年平成6年)3月15日 - 鳥取県告示第225号により認定[1]
    • 前身は鳥取県道187号福部鳥取線、鳥取県道291号秋里宮ノ下線(鳥取県告示第226号により廃止)。鳥取県道187号福部鳥取線のうち鳥取市末広温泉町・若桜街道交差点 - 鳥取市吉方町2丁目・吉方町2丁目交差点間、鳥取県道187号福部鳥取線バイパスの鳥取市今町2丁目・今町2丁目交差点 - 鳥取市吉方温泉4丁目・吉方温泉4丁目交差点間、鳥取県道291号秋里宮ノ下線のうち鳥取市南吉方3丁目・産業道路交差点 - 岩美郡国府町分上1丁目・奥谷入口交差点間が本路線になった。
    • 鳥取県道187号福部鳥取線の残部は鳥取県道43号鳥取福部線、鳥取県道291号秋里宮ノ下線の残部は鳥取県道26号秋里吉方線になった。
  • 2001年(平成13年)3月31日 - 鳥取県告示第236号により、以下の経路変更を実施[2]
    • 鳥取県道31号鳥取国府岩美線の鳥取市吉方町2丁目・吉方町2丁目交差点 - 岩美郡国府町分上1丁目・奥谷入口交差点間を当路線に変更。
    • 当路線の鳥取市今町2丁目・今町2丁目交差点 - 鳥取市吉方温泉4丁目・吉方温泉4丁目交差点間を鳥取県道43号鳥取福部線に、鳥取市吉方町2丁目・吉方町2丁目交差点 - 鳥取市吉方温泉4丁目・吉方温泉4丁目交差点 - 鳥取市南吉方3丁目・産業道路交差点間(国道29号との重用区間)を鳥取県道323号若葉台東町線(同日付鳥取県告示第234号により認定)の単独区間に、鳥取市南吉方3丁目・産業道路交差点 - 岩美郡国府町分上1丁目・奥谷入口交差点間を鳥取県道31号鳥取国府岩美線にそれぞれ変更。
    • ただし、この時点では、鳥取市東品治町・鳥取駅バスターミナル構内の道路部分(建物東端以西)については変更されなかったため、直接接続しない別線として残った。
  • 2014年(平成26年)3月31日 - 鳥取県告示第233・234号により、別線の鳥取市東品治町・鳥取駅バスターミナル構内の道路部分(建物東端以西)を鳥取県道43号鳥取福部線に変更[3][4]
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 鳥取県告示第220号により、鳥取市立川町5丁目・立川大橋南詰交差点 - 同・立川町五丁目交差点間(鳥取県道43号鳥取福部線旧道との重用区間)を当路線の単独区間に変更[5]

路線状況[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 鳥取県鳥取市

接続道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成6年3月15日付鳥取県公報号外第5号 (pdf)”. 鳥取県 (1994年3月15日). 2013年5月18日閲覧。
  2. ^ 平成13年3月31日付鳥取県公報号外第47号 (pdf)”. 鳥取県 (2001年3月31日). 2016年3月27日閲覧。
  3. ^ 25年度告示図面”. 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2014年3月31日). 2016年4月26日閲覧。
  4. ^ 平成26年3月31日付鳥取県公報号外第50号 (pdf)”. 鳥取県 (2014年3月31日). 2016年4月26日閲覧。
  5. ^ 平成28年3月31日付鳥取県公報号外第41号 (pdf)”. 鳥取県 (2016年3月31日). 2016年4月1日閲覧。

関連項目[編集]