鳥坂峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳥坂峠の位置(愛媛県内)
鳥坂峠
鳥坂峠の位置(愛媛県)

鳥坂峠(とさかとうげ)

国道56号標識

鳥坂峠(とさかとうげ)は、愛媛県大洲市西予市の市境にある。標高470m。

概要[編集]

遍路道となっている[1]。また、河野氏毛利氏宇都宮氏など多くの戦国武将が対峙した鳥坂合戦1567年、鳥坂峠合戦とも)の舞台となった[2]

国道[編集]

国道56号の峠。古くから交通の難所であったが、峠の直下を鳥坂隧道で抜ける改修が行われた結果、南予地方の動脈として機能している。

急峻な地形に作られた道路であり、ヘアピンカーブの連続した坂道が続くことなどから、ローリング族が出没する。また、冬季には積雪や凍結がみられる。

高速道路[編集]

松山自動車道は多少ルートが異なるものの、鳥坂トンネルで峠を越えている。

国道と同様、冬季には積雪や凍結がみられる。冬季にはNEXCO西日本の職員がタイヤの確認を行っていることがある[3]

位置情報[編集]

その他[編集]

国道11号香川県善通寺市三豊市との市境に同じ表記の峠(とっさかとうげ、標高68m)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 四国遍路ひとり歩き同行二人 地図編 - へんろ道保存協力会 編(第8版、2007年2月1日発行) p.54(図54-1)
  2. ^ 南予の中世城跡探訪11 戦国伊予有数の大合戦、鳥坂合戦の舞台 -鳥坂城周辺- - 愛媛県歴史文化博物館
  3. ^ 大洲道路大洲南インターチェンジで全ての車両を一旦流出させたうえで、一台一台タイヤの確認を行い、松山自動車道大洲北只インターチェンジから再流入させるもの。

関連項目[編集]