鳥海恭寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鳥海 恭寛(とりのうみ きょうかん、1862年 - 1938年)は、日本医師開業医東田川郡医師会初代会長、東田川郡医業組合幹事

略歴

  • 1862年文久2年) - 出羽国鶴ヶ岡城下(現・鶴岡市)に医師・服部元泰の三男として生まれる。
  • 1870年明治3年) - 鳥海元善の養子となる。
  • 1872年(明治5年) - 松ヶ岡開墾場本陣に使われる瓦を運ぶため鶴岡と松ヶ岡を往復する。
  • 1880年(明治13年) - 山形県済世館で授業を受ける。
  • 1881年(明治14年) - 大試験が行われ満点を取り、金1円50銭が授与される。
  • 1885年(明治18年) - 東田川郡藤島村に開業。東田川郡郡医 就任。
  • 東田川郡医業組合 幹事 就任
  • 1906年(明治39年) - 同医業組合主催による第一回看護婦養成所を開設する。
  • 1907年(明治40年) - 東田川郡医師会が発足し初代会長に就任。
  • 1910年(明治43年) - 会員の技術向上のために医師会の図書室に医学専門書を備える。
  • 1914年大正3年) - 小学校教員検定委員 就任
  • 1938年昭和13年) - 死去。享年76。

親族

  • 父:服部元泰 - 医師
  • 養父:鳥海元善 - 医師
  • 孫:鳥海寛 - 医師

出典・参考文献

  • 『鶴岡地区医師会百年史』 鶴岡地区医師会(編纂・出版) 1992年

今日は何の日(11月25日

もっと見る

「鳥海恭寛」のQ&A