鳥羽丸 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳥羽丸 (3代)
基本情報
船種 練習船[要出典]
船籍 鳥羽市[要出典]
運用者 鳥羽商船高等専門学校
建造所 三井造船(株)玉野造船所[1]
航行区域 近海区域(非国際航海)[1]
IMO番号 9087960[要出典]
経歴
竣工 1994年(平成6年)8月19日[1]
現況 就航中
要目
総トン数 244トン[1]
全長 40.00m[1]
垂線間長 35.00m[1]
型幅 8.00m[1]
深さ 7.10m[1]
型深さ 3.30m[1]
満載喫水 2.80m[1]
機関方式 ヤンマー 4サイクル低速ディーゼル機関 MF29 UTD1 x1基[2]
推進器

可変ピッチプロペラ x1基[2]

バウスラスタ 1.2t x1基[2]
最大出力 1,300PSx370rpm[2]
最大速力 13.80ノット(試運転状態、100%負荷)[1]
航続距離 約2,300マイル[1]
搭載人員 56名[1]
旅客定員 47名(教官3名,学生44名)[1]
乗組員 9名[1]
テンプレートを表示

鳥羽丸(とばまる)は、鳥羽商船高等専門学校が使用する練習船である。1994年に建造された3代目が運用されている。

概要[編集]

鳥羽丸 (2代)の代船として、三井造船で建造され1994年6月に竣工した[1]。 学生の航海実習に使用されている[1]

略歴[編集]

  • 1960年(昭和35年)3月 初代竣工 総トン数56.52トン 予算1,800万円 船名は職員や生徒より募集してもっとも多かったものを名付けた[3]
  • 1970年(昭和45年)6月1日 2代目竣工 総トン数325.67トン 予算1億310万6千円[3]
  • 1994年(平成6年)8月19日 3代目竣工 総トン数244トン[3]

特徴[編集]

船員養成の為の練習航海に使用されている[1]。女子学生を配慮した設備を備えている[1]。一般公開、体験航海が年間に数回ほど行われている[4]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 鳥羽丸について”. 鳥羽商船高等専門学校. 2017年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d 鳥羽商船高等専門学校 練習船 鳥羽丸 鳥羽商船高等専門学校 商船学科 ※紙のパンフレットをスキャンしたもの”. 鳥羽商船高等専門学校. 2017年2月10日閲覧。
  3. ^ a b c 本校練習船の歴史”. 鳥羽商船高等専門学校. 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ 一般公開・体験航海”. 鳥羽商船高等専門学校. 2017年2月10日閲覧。