鳥羽市コミュニティ交通システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥羽バスセンターに停車中の車両
かもめバスのバス停(松尾バス停)

鳥羽市コミュニティ交通システム(とばしコミュニティこうつうシステム、英語:Community Transport System of Toba City)は、三重県鳥羽市が運営するコミュニティバスおよび市営定期航路(鳥羽市営定期船)を合わせた交通システムである。ここでは、コミュニティバス(愛称かもめバス)事業について記述する。

沿革[編集]

鳥羽市内のバス事業は伊勢市にある三重交通伊勢営業所が運行していたが、2007年平成19年)に鳥羽 - 伊勢間を結ぶ「伊勢鳥羽線」を除き鳥羽市から撤退した。このため市では廃止代替バスとして引き続き同社に委託して自主運行路線として路線バスを存続させた。

これに合わせて市では、2007年(平成19年)3月に準備会、翌2008年(平成20年)5月28日に鳥羽市地域公共交通会議の初会合を開き、交通体系の見直しにとりかかった[1]。この結果、2009年(平成21年)1月に鳥羽市立鳥羽小学校の新築・移転に合わせて、コミュニティバスとして「鳥羽小学校・ひだまり線」のテスト運行を開始、同年10月1日に自主運行路線と統合して「かもめバス」となった。

前述の交通会議は2011年度(平成23年度)までを計画年度としている。また公共交通空白地帯解消のために志摩市磯部地域予約運行型バス(ハッスル号)のようなデマンドバスの運行も検討されている[2]

廃止されこのバスに引き継がれた路線[編集]

国崎線

鳥羽市内線

  • 31系統:小浜 - 鳥羽 - 鳥羽水族館前または鳥羽市役所前 - 安楽島(あらしま)
    • 鳥羽 - 安楽島間のみの運行もあった。
  • 32系統:鳥羽 - 鳥羽水族館前または鳥羽市役所前 - かんぽの宿鳥羽・鳥羽シーサイドホテル - 鳥羽小涌園
    • 鳥羽シーサイドホテルに停車しない場合もあった。なお、鳥羽シーサイドホテルへの停車はかもめバスでは行っていない。
  • 32系統:鳥羽 - 鳥羽水族館前 - かんぽの宿鳥羽

鳥羽小学校・ひだまり線

  • テスト運行のコミュニティバスであった。

概要[編集]

2009年(平成21年)10月1日から運行を開始した。市営路線であるが、実際の運行は三重交通に委託している。

料金[編集]

ゾーン制運賃を導入している。ゾーンをまたぐごとに100円加算され、初乗り運賃は200円、最高運賃は700円である。

  • 定期船利用者は、中之郷又は佐田浜で乗継割引券(100円引き)を発行出来る。
  • 定期船の定期券提示で200円引き。
  • 障害者手帳所持者とその介助者は半額。

愛称[編集]

このコミュニティバスの愛称「かもめバス」は一般公募によって2009年(平成21年)8月3日に決定した。名称は鳥羽市の鳥であるカモメにちなんでいる[3]

運行経路[編集]

小浜 - 安楽島線[編集]

系統番号:1

※市役所前を経由しない系統、鳥羽バスセンターを起終点とする系統あり

小浜 - かんぽの宿/小涌園線[編集]

系統番号:2

  • 小浜 - 鳥羽バスセンター - 市役所前 - 鳥羽水族館前 - ひだまり- かんぽの宿鳥羽 - 鳥羽小涌園

※かんぽの宿鳥羽を起終点とする系統あり ※小浜行きは鳥羽水族館前に停車せず

小浜 - 鳥羽小学校線[編集]

系統番号:3

鳥羽小学校 - 石鏡港線[編集]

系統番号:4

  • 鳥羽小学校 - 池の浦駅 - 屋内町 - 商船学校前 - 鳥羽バスセンター - 市役所前 - 鳥羽水族館前 - ハロー - ひだまり - 本浦港 - 海の博物館または海の博物館東 - 石鏡口 - 石鏡港

※市役所前を経由しない系統、鳥羽バスセンターを起終点とする系統あり

※休日は以下の区間の延長運行が実施される便がある

鳥羽 - 国崎線[編集]

系統番号:5

  • 鳥羽バスセンター - 市役所前 - 鳥羽水族館前 - ひだまり - ハロー - 赤崎駅口 - 加茂学校前 - 松尾 - 畔蛸口 - 相差 - 国崎

※市役所前、ひだまり、ハローを経由しない系統あり ※休日は鳥羽展望台まで延長運行が実施される便がある

車両[編集]

かもめバス専用のラッピングが施された車両を使用。デザインは愛称と同時に一般公募によって2009年(平成21年)8月3日に決定し、をイメージしたものになっている[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥羽市、『鳥羽市地域公共交通会議会議録』、平成20年5月28日(2010年1月18日閲覧。)
  2. ^ 鳥羽市、『鳥羽市地域公共交通会議会議録』、平成20年12月25日(2010年1月18日閲覧。)
  3. ^ a b 鳥羽市、バスの愛称及び車体ラッピングデザインについて、平成21年8月3日