鳥羽董

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鳥羽 董(とば ただす、1930年4月17日 - )は、日本実業家味の素代表取締役社長や、同社代表取締役副会長、ダイエー代表取締役社長を務めた。

人物・経歴[編集]

1955年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了、味の素入社。1981年取締役に昇格。1985年常務取締役。1987年代表取締役専務[1]。1989年から代表取締役社長として「WE-21」計画を推し進めた[2]。後任の代表取締役社長には江頭邦雄を推したが、創業家の反対で叶わず、1995年代表取締役副会長に退き、1996年にはダイエーに顧問として移った[3]。1999年からダイエー代表取締役社長を務めて経営再建にあたった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「新社長 ダイエー 鳥羽 董」週刊ダイヤモンド 1999.2.27号
  2. ^ [1]味の素
  3. ^ 森 一夫「相談役」この不思議な存在:コーポレートガバナンスを問うnippon.com


先代:
歌田勝弘
味の素社長
第8代:1989年 - 1995年
次代:
稲森俊介
先代:
中内㓛
ダイエー社長
第2代:1999年 - 2000年
次代:
佐々木博茂