鳩ヶ谷本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > 川口市 > 鳩ヶ谷本町
鳩ヶ谷本町
—  町丁  —
鳩ヶ谷本町の位置(埼玉県内)
鳩ヶ谷本町
鳩ヶ谷本町
鳩ヶ谷本町の位置
座標: 北緯35度49分57.2秒 東経139度44分33.02秒 / 北緯35.832556度 東経139.7425056度 / 35.832556; 139.7425056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 川口市
地区 鳩ヶ谷地区
面積[1]
 - 計 0.529km2 (0.2mi2)
人口 (2018年(平成30年)3月1日現在)[1]
 - 計 7,560人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 334-0002[2]
市外局番 048 (川口MA)[3]
ナンバープレート 川口

鳩ヶ谷本町(はとがやほんちょう)は、埼玉県川口市町名。現行行政地名は鳩ヶ谷本町一丁目から鳩ヶ谷本町四丁目。郵便番号は334-0002[2]

地理[編集]

埼玉県川口市の中央部に位置し、鳩ヶ谷地区にあたる。

地価[編集]

住宅地の地価は2013年平成25年)7月1日に公表された埼玉県の地価調査によれば、鳩ヶ谷本町二丁目5-8の地点で16万6000円/m2となっている。

歴史[編集]

宿場町においてその宿場が所在していた町に「本町」の名が付けられることが多く、鳩ヶ谷本町も鳩ヶ谷宿が所在した地であり、その一例となっている。歴史的にみると、現在の川口市立鳩ヶ谷小学校埼玉りそな銀行鳩ヶ谷支店付近の鳩ヶ谷本町一丁目が鳩ヶ谷発祥の地として江戸時代から宿場の中心となっていた。現在も明治時代や大正時代に建設された古い建物が残存し、当時の面影を残している。

  • 1967年 (昭和42年)6月1日 - 大字鳩ケ谷の一部、大字里の一部から本町1~4丁目が発足。[1]

また、旧鳩ヶ谷市役所であった川口市役所鳩ヶ谷庁舎は、旧鳩ヶ谷町域に該当する鳩ヶ谷本町ではなく旧北柳村域に該当する三ツ和に所在している。1990年代までは旧鳩ヶ谷市役所は旧鳩ヶ谷市本町一丁目(現:川口市鳩ヶ谷本町一丁目)に所在していたが、旧鳩ヶ谷市役所は旧鳩ヶ谷市時代に鳩ヶ谷本町よりも川口に近い三ツ和に移転した[4]

  • 2011年(平成23年)に旧鳩ヶ谷市の川口市への吸収合併が実施され、川口市にも本町という地名があるため、鳩ヶ谷本町に改称。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
鳩ヶ谷本町一丁目 831世帯 1,827人
鳩ヶ谷本町二丁目 564世帯 1,160人
鳩ヶ谷本町三丁目 1,170世帯 2,651人
鳩ヶ谷本町四丁目 805世帯 1,922人
3,370世帯 7,560人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
鳩ヶ谷本町一丁目 全域 川口市立鳩ヶ谷小学校 川口市立鳩ヶ谷中学校
鳩ヶ谷本町二丁目 全域
鳩ヶ谷本町三丁目 全域
鳩ヶ谷本町四丁目 全域

交通[編集]

公共交通機関

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 国際興業バスのバス停で現在の「鳩ヶ谷本町一丁目」(川口市との合併前は「本町一丁目」)停留所が、旧鳩ヶ谷市役所移転以前は「市役所入口」を称していた。
  5. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。