鳩笛真希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳩笛 真希(はとぶえ まき、1955年2月17日 - )とは元宝塚歌劇団娘役の女優大阪府池田市出身。梅花学園出身。宝塚歌劇団時代の愛称はキャン。

人物[編集]

略歴[編集]

1970年に中学卒業後すぐに宝塚音楽学校に入学し、1972年に卒業。同年、宝塚歌劇団に58期生として入団し、雪組公演『かぐらザ・フラワー[1]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は48人中21位[1]

1973年4月2日[1]花組に配属[2]

1980年4月、雪組に組み替え[2]

1987年7月31日[1]、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『かぐら』(1972年4月)*初舞台
  • 『宝舞抄』新人公演:白き椿の女(本役:松本悠里)/『ザ・レビュー』新人公演:白い鳥(本役:北原千琴)(1977年8月 - 9月)
  • 風と共に去りぬ』新人公演:ワイティング夫人(本役:八汐みちる)(1978年2月 - 3月)
  • 『遙かなるドナウ』新人公演:プリンセス(本役:三井魔乎)(1978年9月 - 11月)
  • 『彷徨のレクイエム』オリガ(1981年5月 - 6月)
  • 『かもめ翔ぶ海』千賀(1981年11月 - 12月)
  • ジャワの踊り子』カルティエ(1982年5月 - 6月)
  • 『パリ変奏曲』ブリジット(1982年11月 - 12月)
  • うたかたの恋』ステファニ皇太子妃/『グラン・エレガンス』ヤングガールS(1983年5月 - 6月)
  • 『ブルージャスミン』ソフィー(1983年8月 - 9月)
  • 『風と共に去りぬ』メラニー(1984年3月 - 5月)
  • 『千太郎纒しぐれ』小稲/『フール・ビート』カリプソの女S(1984年9月 - 11月)
  • 『はばたけ黄金の翼よ』カタリーナ(1985年1月 - 2月)
  • 『愛のカレードスコープ』エドナ/『アンド・ナウ!』ブルースの女、淑女S(1985年6月 - 8月)
  • 『大江山花伝』胡蝶/『スカイ・ハイ・スカイ』クイーン・バード(1986年2月 - 3月)
  • 『三つのワルツ』侯爵夫人、ステッフィ・カステリ(1986年8月 - 9月)
  • 『宝塚をどり讃歌』芸者/『サマルカンドの赤いばら』クッラトル王妃(1987年3月 - 5月)
  • 『リプライズ!』娘A(1987年5月 - 6月)

参考資料:『歌劇』1987年7月号 宝塚歌劇団 139頁

宝塚歌劇団退団後の舞台出演[編集]

  • 『俊寛』(市川猿之助演出、1990年、PARKO劇場)
  • 『ジンギスカン』(市川猿之助演出、1991年、御園座新歌舞伎座)   
  • 『ジンギスカン』(市川猿之助演出、1992年、北京公演)
  • 『アユタヤの星』(市川猿之助演出、1993年、明治座
  • 『西太后』(市川猿之助演出、1995年、橋演舞場)
  • 『本所深川ふしぎ草子』(1999年、新橋演舞場)
  • 『悪の華』(2001年、帝国劇場
  • 『残菊物語』(2002年、帝国劇場)
  • 『夫婦善哉』(2004年、新橋演舞場・松竹座
  • 『スーパー喜劇 狸御殿』(2005年、松竹座)
  • 桂春団治』(2007年4月、新橋演舞場)
  • 『桂春団治』(2004年5月、博多座
  • 『桂春団治』(2004年6月、松竹座

その他、松平健公演、五木ひろし公演(レギュラー出演)、劇団若獅子公演にも出演。

テレビドラマ出演[編集]

ラジオドラマ出演[編集]

  • NHK・FMダミーヘッドの青春アドベンチャー『アナスタシア・シンドローム』

映画出演[編集]

  • 『夕映えの道』柴田涼子
  • 『筆子・その愛 天使のピアノ』[4](2006年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 84頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ a b 『歌劇』1987年7月号 宝塚歌劇団 139頁
  3. ^ 出演者別:鳩笛真希- TVトピック検索
  4. ^ 映画 筆子・その愛 天使のピアノ

関連項目[編集]