鳩胸つるん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳩胸 つるん
生誕 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作 『剥き出しの白鳥』
テンプレートを表示

鳩胸 つるん(はとむね つるん)は、日本漫画家。男性[1]愛知県出身[1]。代表作は『剥き出しの白鳥』。

略歴・人物[編集]

2011年から担当編集が付く。『ジャンプSQ.』での連載を目指していた際、月刊誌の限られたページ数でギャグ漫画として目立つにはどうすればいいかを悩んでいたところ、担当編集の玉田純一から登場人物が全員全裸の漫画を描こう、『To LOVEる -とらぶる-』より裸の漫画を描こうとアドバイスを受ける。絵柄を見つけた方がいいとも言われ、『別冊マーガレット』のほぼ全作品を模写する。出来上がった読切作品『剥き出しの白鳥』を『ジャンプSQ.CROWN 2015 AUTUMN』にて発表する。評判は良かったが連載にはならず、その後別の読切作品を『ジャンプSQ.CROWN』に発表。玉田が『ジャンプSQ.』から『少年ジャンプ+』に異動することになり、誰か一人が強く推すことが重要な『少年ジャンプ+』の編集会議にて『剥き出しの白鳥』が推され、連載が決まる。2017年12月より『少年ジャンプ+』で『剥き出しの白鳥』の連載を開始。1巻だけの予定であったが続刊が決まるなど、好評を博す。[1]

『剥き出しの白鳥』は第4回「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門16位に入賞する[2]

作品リスト[編集]

インタビュー[編集]

  • 2018年3月 yomina-hare「『剥き出しの白鳥』鳩胸つるんインタビュー 「『ToLOVEる』よりも裸」から白鳥くんは生まれた」[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『剥き出しの白鳥』鳩胸つるんインタビュー 「『ToLOVEる』よりも裸」から白鳥くんは生まれた”. yomina-hare (2018年3月13日). 2018年3月27日閲覧。
  2. ^ 第4回次にくるマンガ大賞 結果発表Webマンガ部門
  3. ^ 『センチは続くよどこまでも』鳩胸つるん”. ジャンプSQ.. 2018年3月27日閲覧。
  4. ^ 『ほっと! キャット銭湯』鳩胸つるん”. ジャンプSQ.. 2018年3月27日閲覧。
  5. ^ 少年ジャンプ+ 剥き出しの白鳥
  6. ^ 『シンマイ新田イズム』と同時に出張掲載のため、扉は『シンマイ新田イズム』のキャラクターと共演している。
  7. ^ 幻の特別読切 恥神バクロ”. 少年ジャンプ+ (2018年6月14日). 2018年6月24日閲覧。
  8. ^ 少年ジャンプ出張掲載のため過去の読切が掲載された。「恥神」は「はじがみ」と読む。