鳳乃一真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳳乃 一真
( おおとりの かずま)
ペンネーム 鳳乃 一真
誕生 日本の旗 日本
????????
職業 小説家
言語 日本語
活動期間 2012年 -
代表作龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』シリーズ
主な受賞歴 第13回エンターブレインえんため大賞大賞
デビュー作 『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学

鳳乃 一真(おおとりの かずま)は日本小説家ライトノベル作家千葉県在住。

概要[編集]

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』で、2011年に第13回エンターブレインえんため大賞小説部門大賞を受賞[1]2012年ファミ通文庫より刊行。同『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』シリーズは2012年にコミック版が連載、2014年4月にはテレビアニメ化を果たした。

作品[編集]

  • 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」(全12巻、ファミ通文庫、2012年1月 - 2016年12月)
    • スピンオフ「壱級天災の極めて不本意な名推理」(全2巻、ファミ通文庫、2013年8月 - 2015年4月)
  • 「イキシアノ戦物語 黒狼卿と天眼の軍師」(既刊1巻、ファミ通文庫、2015年11月)
  • 「Slave†Money」(既刊1巻、Novel 0、2016年3月)
  • 「最強案内人の俺が異世界美少女を操り、死にゲークリアに導くまで」(既刊1巻、ファミ通文庫、2018年8月)
  • 「いのしかちょうをこっそり視ている卯月ちゃん」 (LINE文庫、2019年8月)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ えんため大賞2015年11月26日閲覧