鳳凰座 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳳凰座 (岐阜県下呂市)

鳳凰座(ほうおうざ)とは、岐阜県下呂市にある芝居小屋である。

概要[編集]

江戸時代から明治時代美濃国及び飛騨国では、地元の人々による地芝居歌舞伎)が盛んに行なわれており、数多くの芝居小屋が建てられた。この鳳凰座もその一つである。美濃国と飛騨国の境の舞台峠の近くにある。

毎年5月3・4日、日枝神社と熊野神社の祭礼に合わせて上演される[1]

構造は、間口14.4 m、奥行7.2 m。小規模な芝居小屋とはいえ、回り舞台花道、仮花道、すっぽん奈落を備えている。収容人数は約600人。鳳凰座歌舞伎は「御厩野の芝居」とも呼ばれ、台本と併せて岐阜県指定有形有形民俗文化財[2]である。

沿革[編集]

鳳凰座歌舞伎保存会についても記す。

所在地[編集]

  • 〒509-2312 岐阜県下呂市御厩野76-1

交通[編集]

自動車[編集]

公共交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳳凰座歌舞伎
  2. ^ 鳳凰座村芝居 附台本”. 岐阜県. 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ a b 鳳凰座歌舞伎保存会『鳳凰座歌舞伎 平成22年上演パンフレット』鳳凰座歌舞伎保存会、2010、裏表紙

岐阜県の芝居小屋[編集]

岐阜県は地芝居が盛んな地域であり、江戸時代から昭和時代に建設された木造芝居小屋が残っている。主な芝居小屋は以下のとおりである。

座標: 北緯35度45分44.1秒 東経137度19分4.9秒 / 北緯35.762250度 東経137.318028度 / 35.762250; 137.318028