鳳鳴酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鳳鳴酒造株式会社
Houmei Inc.
鳳鳴酒造 店舗(ほろ酔い城下蔵)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
669-2322
兵庫県丹波篠山市呉服町73
設立 1797年
業種 食料品
法人番号 8140001041848
事業内容 清酒などのアルコール飲料製造販売
代表者 井階 作京
関係する人物 中川 博基(丹波杜氏)
外部リンク http://www.houmei.com/
特記事項:2003年本社主屋、仕込蔵などが国の登録有形文化財(建造物)に登録される。
テンプレートを表示

鳳鳴酒造(ほうめいしゅぞう)は、兵庫県丹波篠山市呉服町73に本社および工場を置く日本の酒造会社。

概要[編集]

創業1797年寛政9年)の老舗酒造メーカー。「鳳鳴」ブランドの日本酒をはじめ、丹波黒大豆丹波栗など地元の特産物を使ったリキュール類や、音楽振動で醸造した焼酎などユニークな商品を扱う。

沿革[編集]

  • 1797年(寛政9年)西尾酒造として創業。
  • 1945年昭和20年)篠山市内の13の蔵が合併し、多紀酒造有限会社となる。「鳳鳴」ブランドに統一。
  • 1965年(昭和40年)リキュール製造免許を取得し、くり酒の製造、販売を始める。
  • 1980年(昭和55年)焼酎の販売を始める。
  • 1990年平成2年)丹波黒大豆を使ったリキュール酒「楼蘭」が農林水産大臣賞受賞。
  • 1996年(平成8年)現在の社名である、鳳鳴酒造株式会社に社名変更。
  • 2000年(平成12年)丹波栗を使用したワイン風リキュール酒「Marron de kiss」発売。
  • 2001年(平成13年)200年を経過する本社社屋を利用した酒蔵見学施設兼小売店舗「ほろ酔い城下蔵」オープン。関西照明技術普及会主催の平成13年度商店照明コンクールにて、兵庫県商店連合会長賞受賞。
  • 2003年(平成15年)7月 建造物9件が国の登録有形文化財に登録される。

建築[編集]

築200年を経過する本社の主屋・仕込蔵などが2003年に国の登録有形文化財(建造物)に登録された。「ほろ酔い城下蔵」と名付けられた主屋、酒蔵は常時見学できる(9:30-17:00、定休日:火曜日)。酒蔵では音楽振動醸造酒醸成のために常にモーツァルトベートーヴェンの曲が流されている。2002年6月には、古い酒蔵を利用したイベントスペース「ほろ酔いホール」を設置、6本脚のグランドピアノヤマハグランドピアノ「ルイ16世型」No.3)を置き、コンサートなどを行っている。

他に味間蔵も見学可能。

交通[編集]